2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

釣竿のテクノロジー

1 :スミレジン:2017/11/18(土) 23:42:10.40 ID:95AKQUFs.net
現代の釣り竿はカーボンロッドが主流ですが、
高弾性カーボン、低樹脂カーボン、4軸カーボン、ナノアロイカーボンなどなど様々な技術が使われていますが
実際どういう技術で何がどれくらい違うのか、釣果にどれくらい影響するのか、メリットは何か、デメリットは何かを明確に知っている釣り人って少ないと思います。
ブログなんかをみてもかなり適当な記述が多いですし。
メーカー側もあえて語らず感性的な表現で濁していると思います。
なんかすっきりしないのでスレ立てしました。

325 :スミレジン:2019/03/10(日) 21:45:33.57 ID:krrRb5rp.net
で、話ていてメディアにでるプロでスゴいなと感じる事は
「プロは対応力と表現力がとんでもない」これに尽きると思います。

よく釣り場でも、ネットでも「釣り番組の○○は釣りが下手だな。あれなら俺の方がよっぽど釣ってるわ」「ゲストの素人の女の子の方が釣れてた。」

よく聞く話です。

プロなのに素人に釣果で負ける。あってはならない事です。

326 :名無し三平:2019/03/11(月) 03:57:45.89 ID:rZxZbOC8.net
お おかえりなさい
ここを読んでからロッドの試し振りをさせてもらう機会が
楽しくて仕方なくなりました

327 :名無し三平:2019/03/11(月) 12:32:03.20 ID:TRQXo5tw.net
待ってたで

328 :スミレジン:2019/03/13(水) 17:45:35.41 ID:sYWtWXma.net
>>306
はい、了解しました。
>>308
素晴らしいお父さんをお持ちですね。
羨ましい。
竹って現在でも通用する素材だと思ってます。実際、ヘラやフライ、渓流なんかでは根強いマニアがいますから。
ただ、釣り竿に適した素材とするためには大変な手間が掛かります。
>>310
ありがとです。
>>311
お待たせしました。

329 :スミレジン:2019/03/13(水) 18:00:37.17 ID:YllsrSGL.net
>>318
どうなんでしょう。
何かわかりましたら書き込みます。
>>319
よく分かってらっしゃいますね。
このスレの本質をついてます。
>>321
ありがとです。こんなマニアっくなスレを楽しみにしていただけるなんて嬉しいです。
>>326
ありがとです。自分のせいで誰かの楽しみが増えたのならこれ以上の喜びはありません。
>>327
お待たせしました!

330 :スミレジン:2019/03/13(水) 18:23:18.06 ID:sYWtWXma.net
>>325
つづき
釣りの技術で飯を食っているメディアに出てくる釣りプロ。
それが釣りの素人に釣果で負ける。
あってはならない事に思われますが。
実は釣りのプロの目線はそこにはありません。
釣果で素人に負けるのが許されないのは漁師です。
釣りメディアに出てくるプロは「見ている釣り人をいかにワクワク、ドキドキさせるか。釣りに行きたくさせるか」にあります。

331 :名無し三平:2019/03/13(水) 18:42:06.89 .net
3月4月は色々解禁。 スミレジンも冬眠から目覚めたか。

332 :スミレジン:2019/03/13(水) 18:48:01.60 ID:D5Fj3XG9.net
そのプロにここでの書き込みの許可をとった訳ではないので、
これからの書き込みは完全な作り話です。
以下作り話↓

ある撮影の時、想定外のとんでもない釣りにならない条件にあたりました。
地元の僕でもお手上げ状態です。

その時プロはゲストに何とか釣らせる為に全力でなりふり構わずあの手この手、どの手その手の限りを尽くしまくりました。
僕もそのサポートに全力を尽くします。
その結果、ゲストは何とか釣果と呼べるような物を。
プロはボウズでした。
ですが当たり前です。
そのプロはゲストの釣りの為にほとんど釣りをしてません。
数回の仕掛け投入をしましたが、それはゲストの釣りポイントへ釣らせる為だけの投入で、釣る為の仕掛け投入は一回もしていません。

333 :スミレジン:2019/03/14(木) 01:29:09.14 ID:di3L4Ag8.net
テレビのオンエアでは
プロが釣れなくて顔を真っ赤にしながら悔しがり発狂する姿が撮しださされ。得意気にプロに勝ちドヤ顔するゲストが撮し出されてました。
ちなみに僕は遠目で釣りするギャラリーとして見切れてました(笑)

まあ、これは完全な作り話なんですが。
メディアにでるプロはどんな状況でも確実に釣る能力は当たり前で、それをゲストに釣らせる能力。
また、見ている人を楽しませ、なおかつ視聴者に釣りに行きたくさせる為の技術、表現力、対応力が必要とされます。
僕の知っている限りですがメディアに出てくるプロは単独ならばとんでもない釣り技術を持ってますが、それをそのままひけらかすような人は一人もいません。

334 :名無し三平:2019/03/18(月) 04:25:01.37 ID:2AEZOYfs.net
1匹の釣果であればプロであろうが素人であろうが釣果に差は無いですよね。釣りを始めて数日のアングラーがとんでもない大物を釣り上げた話は普通にありますし。

プロの凄い所は巧みな技術を使いながら素人、初心者になれるって事だと思います。
大抵の人がそうなんですが、知識や技術を得るとそれが先立ってしまって「我」が強くなると思うんです。
そうなるとフィールドで、いちアングラーとして「存在」している感が強くなってしまう。側から見ているとあまりに存在感が有り過ぎて自然界の中に居る事に違和感を感じるんです。
プロが違うのはココで、フィールド以外で会うと存在感があるのにいざフィールドに立つと自然界に居る事に違和感を感じないんですよね。
初心者や素人と同じ様なのに凄い技術が有る。
やはり素人とは違うと思います。

横槍失礼。

335 :名無し三平:2019/03/18(月) 09:58:12.62 ID:FonMmssb.net
>>334
探るポイントの引き出しの多さ ってことなのかな
初心者はそれが偶然の一匹で
上級者はそれが引き出しの中の一匹で
中級者は引き出しの少なさからたどり着けない
みたいなこと?

336 :名無し三平:2019/03/18(月) 18:06:04.78 ID:v2A3fERJ.net
>>335
それはメディア的な捉え方かなー。そういう左脳的というか理屈ではなくて、感覚的なモノに近いかもしれない。
上手い人は会えば分かる様になると思いますよー。
例えば、初心者から脱したくらいの人はやれこのルアーがどうだ、このポイントはこういうタイミングだ、とか理屈に走ってしまう。
でも肝心な部分が抜けていて結局は本末転倒なのかと。
メディアプロは手の内を全て明かさない。そりゃあそうでしょう、プロとして生活している訳だから全てを明かしてしまったら自分の生活が成り立たなくなる。
だから一般アングラーの平均的なレベルで明かして良いと判断出来る事しか言っていないですよ。
プロによって違うでしょうけどねー、自分の知り得る範囲の7割しか言わないとか、人によってはほぼ全てを明かしていると感じるプロも居れば。
大体は記事とかブログ読めば分かりますね。

337 :スミレジン:2019/03/18(月) 23:47:36.00 ID:UMgDgRmC.net
>>334
横槍、横レス大歓迎です!ありがとうございます。
また、否定や反論もお待ちしてます。
沢山盛り上げて理想の竿へ皆が辿りつけたら自分としてはとても嬉しいです。

338 :スミレジン:2019/03/19(火) 00:15:42.26 ID:E3BrWwEQ.net
さて、僕の知っているメディアに出るプロのお話ですが、これが釣竿のテクノロジーとどう結び付くかといいますと、釣竿のレビュー、解説など、プロの表現方法をどう読み解くかというのを伝えたかったというのがあります。

ちょっと話が逸れますが、グルメ番組で文句なしに誉める時に「○○の味の宝石箱や〜」なんて有りますが、これは凄くわかりやすい天才的な表現力だと思います。
また、薄かったり、なんだか分からない味を
「やさしい味」と表現したり、クセのある味や、臭みの強い食材を「好きな人にはたまらない味」などと表現したりします。

否定はしない。しかし嘘も絶対につかない。
そしてそれを視聴者にもわかりやすく。
それがメディアに出てくるプロの表現力です。
話を戻しますが、、カタログやメディアの釣竿のレビューは沢山あります。プロの表現力とその表現の真意を僕の知る限りですが、伝えたいと思います。

339 :スミレジン:2019/03/19(火) 00:38:24.60 ID:fa3+ttP4.net
プロの表現力は否定をしない。しかし嘘も絶対しない。
しかしユーザーにはワクワク、ドキドキ、夢を与える。
それがどんな表現方法なのかを悪魔の辞典風に僕なりの解釈で伝えたいと思います。

「悪くない」
別にこれといって特筆する性能を持ってない時に表現する言葉。「悪くない」=「良い」と思わされそうになるが、
別に良くもない。
例「手元に来る感度は悪くなりがちなグラスソリッド穂先だが、手感度も悪くない。」

340 :スミレジン:2019/03/19(火) 01:02:47.51 ID:7DvbF1n3.net
「圧倒的な○○性能」
○○だけは凄いけど他は釣竿としてはダメダメの場合に使う言葉。
例 「まるで空気を掴んでるような圧倒的な軽さの竿!(耐久性や質感はお察し)」

「高い次元での両立」
どっち付かずの時に使う言葉。

「エキスパートの期待に応える」
なんだか扱いがめんどくさい物を表現する時に使う。

341 :スミレジン:2019/03/19(火) 01:12:09.31 ID:4VM0lTHl.net
「繊細な」
釣竿としては著しく耐久性の低い物、または微妙な物などを表現する言葉。
例 「かつてない程、繊細な穂先」


「釣味、釣趣を求めた」
対象魚のパワーよりかなり低い、柔らかい竿などを表現する為の言葉。
「釣味が良い竿だね(アベレージサイズを浮かすのに一苦労だよ。)」

342 :スミレジン:2019/03/21(木) 16:20:11.74 ID:jx0PF8D2.net
「シャープな 」カリカリ、キンキンな
調子、キャスト、投げのスィートスポットが狭い時、アタリを弾く時などに使う。

「ベテランからビギナーまで満足させる」これといって特筆するべきものがない時に使う言葉。

「ハマれば最強」
ハマらないと最弱。クセのありすぎる竿に使う。大多数の人には宜しくない場合が多い。

343 :スミレジン:2019/03/21(木) 16:26:49.89 ID:jx0PF8D2.net
「豪快な」
なんとなくバランスがちぐはぐ(やたらと強い竿だったり、ブランクス同士の継ぎが極端なテーパーであったり)する場合に使う。

「こだわりの」
いや、なんでそこにコストかけちゃうんだよ。そこじゃねーだろ!
って時に使う言葉。

344 :名無し三平:2019/03/22(金) 03:38:13.48 ID:NJl0j2Wp.net
> 「こだわりの」

どこぞの西陣織とやらが頭に浮かんだw

345 :名無し三平:2019/03/23(土) 21:38:40.65 ID:CHzz0eKn.net
ちょっとヒネた見方だな。
それが全てじゃないだろう。

346 :スミレジン:2019/03/24(日) 00:03:51.58 ID:kezetIki.net
>>344
自分はあれ、結構好きですけどね(笑)

>>345
はい、その通りです。
それが全てではないんです。ただ、メディアに出るプロが新作の釣竿を正直に「うわーこれはダメなヤツだわ!」じゃプロとして二重の意味でダメなんですよね。
ダメな竿にも必ず美点はありますし、魅力を引き出して解説しなければいけない。
また、見ている視聴者をワクワクドキドキ、釣りに行きたく、道具を買う夢を与えなくてはなりません。

ただ、そのプロの表現力がともすれば視聴者、ユーザーにわかりにくくなってしまう現状もあると思うんです。

↑の自分の書き込みはあくまで「悪魔の辞典」風ですので、かなりひねくれた、皮肉風の解説になってます。
これが全てではないですが、こんな視点なんかも心の片隅にあれば、メディアのプロの本音や、カタログの謳い文句の真意などを探るヒントになるかと思い書き込みました。

347 :名無し三平:2019/03/24(日) 00:39:25.11 .net
  
  その手のプロの”ポエム”は、メーカーが用意・添削した作文では?w

 

348 :スミレジン:2019/03/25(月) 00:19:26.77 ID:2wJ8Dxg5.net
>>347
かもしれませんね。
ただ、自分がこのスレを立てたのは「皆で釣り竿についてワイワイ語りたい」と言うのと「自分の釣りに本当にピッタリ合った釣り竿を選んだ喜びを共有したい」と言うのがあります。

349 :スミレジン:2019/03/25(月) 00:50:17.39 ID:NIrwAn8e.net
と言うのも、自分が釣りにハマり釣り竿に興味を持ち始めた頃に思った事が
カタログやテスターが「何が言いたいのか全くわからねー」

だったんです。

>>347さんが言うようにメーカーが用意した売り文句、作文は
「圧倒的な感度を持ちながら、強烈なバットパワー、柔良く剛を制す、繊細な中に豪快さを持ち合わせ、
伝統的な調子を受け継ぎながら先進的な要素を持ち合わせ、シャープさとタメを感じつつ、強度と粘りの実現、魚を怒らせず、一気に浮かせる、軽快さと耐久性を両立し、ビギナーからエキスパートまで満足するパフォーマンスを実現した竿です。」

ちょっとオーバーに書きましたが、カタログの謳い文句がこんな感じで
「えっ!?ちょっと何言ってんだか10回読み返したけどわからん!」

と言うのがありました。

350 :名無し三平:2019/03/26(火) 22:11:51.22 ID:wsEHkSu4.net
どこのメーカーもカタログには同じようなこと書いてると思う

351 :名無し三平:2019/03/26(火) 22:40:08.85 ID:TB/QM6vI.net
上記の「プロ」と対極にあるのがfcl laboの津留崎さん。
この人、文章は分かりにくいが、悪い面も含めてユーザーに非常に近い目線で自分の竿を語ってる。
なんで、信頼感がある。
まあ大きなメーカーだったらこんな人は無理だろうなあ。

352 :名無し三平:2019/03/28(木) 14:11:37.80 .net
鶴崎理論、興味深いよね。 何言ってるかちょっと分からないけどw

FCLの竿振ってみたいけどどこにも置いてないんだよなぁ〜

353 :スミレジン:2019/04/14(日) 22:08:41.49 ID:MP7NsFkH.net
おひさしぶりです。
スミレジンです。春ですね。
渓流は解禁になり、海はマダイ、クロダイのノッコミシーズン。
日中の釣りはポカポカ陽気で気持ち良いですね。渓流はまだまだ寒いですが動けば暑いくらいですし。

354 :スミレジン:2019/04/14(日) 22:19:14.21 ID:MP7NsFkH.net
今回の話題、釣竿のテクノロジーは「投げ」です。投げ釣りと言うと砂浜で硬い竿にでっかいリール、キスやカレイを狙う、いわゆる投げ釣りが一番に思い付きますが、今回は「カゴ釣り」です。
なぜかと言うと投げ釣りはキャスティング大会、遠投のクラブなどもかつては盛んでしたし、遠投についての資料、議論はちょっと調べれば語り尽くされていますから、いまさら僕レベルが言えるような事は何もないという事。
それともう1つは僕がこの冬カゴ釣りの修行をみっちりとしてきた事にあります。(笑)

355 :スミレジン:2019/04/14(日) 22:32:53.39 ID:MP7NsFkH.net
「カゴ釣り」ってなんやねん!って人もいれば「カゴ釣り」そんなの知っているよ!それがなんで「投げ」なんだよ!って人もいれば
「カゴ釣り」、「投げ」なるほどな!
って人もいると思います。
一口に「カゴ釣り」と言ってもその地域毎に様々な仕掛けがあり、知らない地域の人にとっては「こんなカゴ釣りもあるのか!」と驚かれると思います。

356 :スミレジン:2019/04/14(日) 22:47:27.33 ID:MP7NsFkH.net
カゴ釣りの定義
簡単に言ってしまえば、仕掛けの重り部分に「カゴ」と呼ばれるコマセを入れるスペースがあり、カゴから放出されるコマセで魚を寄せ、それに同調させたハリス、針に付けたエサで魚を釣ると言うものです。
サビキ釣りや船のビシ釣りもカゴを使いますが、普通一般的にはカゴ釣りとは呼びません。
大抵は磯や、堤防などの陸っぱりの釣りであり、
フカセ釣りでは攻められない遠い距離、深い棚。
フカセ釣りでは狙えない深く、遠くにいる青物やマダイなどを狙う釣りになります。

357 :スミレジン:2019/04/14(日) 23:17:11.43 ID:MP7NsFkH.net
このように、フカセ釣り(コマセで本命の魚を近場に寄せて、また浮き上がらせて)狙う釣りでは成立しない。
遠くに泳ぐ、なおかつ深場の、さらに言えば、投げ釣りのような完全な底を狙うでもない。遠い、深い、でも底でもない、一般的には船で狙うような
魚をカゴと言う道具を使い釣る為の仕組みが
「カゴ釣り」の本質と言う事になると思います。

358 :スミレジン:2019/04/15(月) 08:27:25.21 ID:gbWLBqOw.net
カゴ釣りの起源
一般的にカゴ釣りと言うのは冷凍オキアミの出現と共に始まった釣りと言われています。
安価であり、冷凍保存でいつでもどこでも良質なコマセが手に入る事により
始まった、比較的新しく歴史の浅い釣りと言われています。

ですが、僕が調べた限りではオキアミが一般化する前からカゴ釣りと言う釣りは存在しており、オキアミがない時代からイワシなどのミンチ、おから、糠、砂などをカゴに入れ、フカセでは狙えない、遠くの深い棚の魚をターゲットにしたカゴ釣りは行われてきたようです。
オキアミ出現以前は極々一部の釣りマニアの釣りでしたが、オキアミの出現により広く一般的になった釣りと言うのが僕の見解です。

359 :スミレジン:2019/04/15(月) 08:53:43.34 ID:gbWLBqOw.net
カゴ釣りの起源、その2
これは僕がある釣り場で、そこの釣り場に40年程通う、僕より二周りほど年上の大先輩の釣り人が、さらに三周りほど年上の釣り人から聞いたカゴ釣りの昔話です。

昔々、ある釣り人が果樹園に面した磯の釣り場で、はるか遠くに大型の魚の群れを見つけました。
その釣り人はどうにかしてその魚の群れを釣りたいと考えましたが、
はるか遠くの魚はいくらコマセを撒いても寄ってこないし、仕掛けを遠くまで投げる事はできません。
「船であそこまで行く事が出来れば、沢山大物が釣れるのになあ。」
その釣り人は果樹園の斜面に寝転がり、遠くの大型の魚をうらめしそうに見つめていました。
ふと周りを見回すと古くなり、朽ち果てかけ捨てられた、果物の収穫用のカゴが目に付ました。

釣り人は閃きました。

朽ち果てた収穫用のカゴをバラし、小さな小さなカゴを編み込み作り上げました。
そのカゴにコマセを詰め、仕掛けにくくりつけ、遠くを目掛けて投げました。
カゴとコマセの重みで仕掛けははるか遠くへ飛び、コマセで魚は寄り、大型の魚は次々とその釣り人の針にかかりました。

これがカゴ釣りの始まりです。

と、言うものです。

360 :スミレジン:2019/04/16(火) 00:08:37.73 ID:OwvETUa/.net
ただ、これは口伝であり、脚色もあると思います。新しい釣り方と言うのは
誰か一人によって作られるものではなく、お遊びで変な仕掛けを試したり、仲間内で施行錯誤したり、また、離れた地域で同時多発的に出来た物が洗練され出来た物だと思います。
また、その地域の魚種や潮の流れ、地形、などにより様々に最適化、進化してきた物だと思います。

361 :スミレジン:2019/05/25(土) 00:43:59.00 ID:CBwa7eSD.net
釣り竿のテクノロジー
番外編リールのテクノロジー。
スミレジンです。
このスレは釣り竿のテクノロジーを皆で語るスレですが、
今回カゴ釣り、それも両軸遠投カゴ釣りにおいて切り離せないリール。
アブガルシア、アンバサダーについての書き込みです。

362 :スミレジン:2019/05/25(土) 01:15:50.32 ID:CBwa7eSD.net
突然の質問ですが貴方は「水」が怖いですか?
ちなみに僕は怖くて怖くてしかたないです。
「水」は陸上の生物の生命に必要不可欠な物ですが、それと同時に簡単に陸上の生物の生命を奪う物質でもあります。
磯の釣り人なら高波に死を覚悟した瞬間は一度はあると思いますし、
渓流釣り師なら膝上の流れに恐怖した記憶は必ずあると思います。

363 :スミレジン:2019/05/25(土) 01:28:52.85 ID:CBwa7eSD.net
かつての中世ヨーロッパでは錬金術というものが盛んに研究されていました。
それは世界は五大元素(火、水、土、風、空)で成り立っており、それを人間がいかにコントロールするかという学問でした。(時代により多少解釈ちがいますが、釣り板なので、まあそれは置いておいて。)
何が言いたいかと言うと、このように「水」というのは世界を構成する重要な要素であり、人間の生命維持に極めて重要であると同時に、人間の生命を簡単に奪ってしまう極めて恐ろしい物質でもある訳です。

364 :スミレジン:2019/05/25(土) 01:33:02.28 ID:0ZZBsi8L.net
釣りの歴史というか、起源というものはその恐ろしい「水」にいかに距離を取るかとの闘いの側面でもあると言えます。

365 :スミレジン:2019/05/25(土) 02:00:54.11 ID:LtHIILgw.net
極々初期は竿の長さを長くして
人間な安全な陸にいながら魚を狙うという物でした。
しかし釣り道具の進化によりリール、すなわち糸巻きというものが考案されさらに深く、遠くの魚を狙うようになりました。
世界最古のリールは中国の絵に描かれた、小船に乗った人がリールらしき物を付けた竿を持ってっていたようです。これはおそらく、船を利用し、竿の長さよりはるか深みの魚を狙う為のものでした。
さらにヨーロッパではフライフィッシングというものがありました。
これは教会の修道女が考案した釣り方云々と言う歴史があるようですが、それは今回あんまり関係ないので省きますが、
フライフィッシングというのは竿の長さの何倍もの糸をリールに収納し、それをあらかじめ引き出し、特殊な投げ方により遥か遠くの魚を狙う為の釣り方でした。

366 :スミレジン:2019/05/25(土) 02:07:06.56 ID:LtHIILgw.net
これらからもわかる通り、
釣りと言うのは魚という、極めて栄養価の互い食材をなんとか安全に効率よく、安全に採取するための試行錯誤の繰り返しでもあると言えます。

367 :スミレジン:2019/05/25(土) 02:27:07.07 ID:LaO0groX.net
ちょっと自分、酔っぱらっていて話が無茶苦茶になってしまいましたが、
何が言いたいかと言うと、釣りと言うのは「水」と言う恐怖の対象を克服しつつ、安全に確実に効率よく栄養価の高い魚と言う食料をえる為に進化してきた側面があります。

368 :名無し三平:2019/05/25(土) 14:25:45.13 .net
おっ、そうだな。

369 :スミレジン:2019/05/25(土) 23:32:42.16 ID:CBwa7eSD.net
リール、つまり糸巻きの発明により釣糸を竿より長くする事が可能になりました。
最初期は片軸リールと言われるものであり、単純に糸を収納するだけのもので基本的には竿の長さより深い棚を狙う為の物。現代でもヘチ釣りやイカダ、カセ釣りなどに使われています。
例外的なのはフライフィッシングで片軸リールで有りながら遠い距離を狙う為に使われています。

370 :スミレジン:2019/05/25(土) 23:46:37.92 ID:G07eSAmp.net
その後両軸リールが発明されましたが、初期は片軸リールの強化版と言った所で基本的には深い棚を狙う為の物でした。
その後両軸リールはスプールの回転を制御するブレーキと言うものと、ハンドルとスプールの繋がりを断続するクラッチ機構の発明により仕掛けを投げて遠くに飛ばす用の物になりました。
また、現在のリールの主流であるスピニングリールは製糸工場の糸巻きの機構をヒントに発明され、開発当初から仕掛けを投げる事を念頭に開発されました。
他にもスピンキャストリールなどの特殊なリールもありますが、基本的にはどのリールもより深く、より遠くを求めて発明され、進化してきました。

371 :名無し三平:2019/05/27(月) 09:19:42.81 ID:AXOd0kSn.net
大昔に和歌山で紀州釣りをしてる老人を見たんだけど、
リールを使わず水を張ったタライに糸を回収してたぞ
タライの中で円を描くように糸を沈めてた

372 :名無し三平:2019/07/17(水) 07:23:35.52 ID:/gwOEg1g.net
>>370
続きが楽しみだ

373 :名無し三平:2019/07/19(金) 13:23:57.95 ID:ciz8+kiW.net
373

374 :名無し三平:2019/10/10(木) 17:20:18.53 ID:nrQ+kix4.net
いったん浮上するわ
続きはよ

167 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★