2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今までにあった修羅場を語れ 26話目

337 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2015/11/23(月) 10:23:37.47 ID:gTA16/dJ.net
やっぱり宗教がらみで

友人の友人の男友達のお父様が亡くなり葬儀も一段落して男友達と面識の無い女友人たちも
集まり一人の残された気の弱いお母様を慰めようと訪問した。
お母さまはキャビキャビした若い女性五人が集まり後片付けやら
食事・話し相手やらしてくれるので悲しさが一時的に吹っ切れた様子で
私たちも良い事したなーって自己満足に浸ってた頃
ガラッと引き戸か開いて地味な服を着た二人のオバチャンがズカズカと
かって知ったる我が家のように入ってきて仏壇の前に座った
何も知らない自分たちは弔問者と思い丁寧にもてなし茶を入れて隅っこに座った。

と、突然、そのおばちゃん達がツボを取り出し「この家は呪われてる…信じろ…
金出せ…高額のツボを買え…」のような話を機関銃のようにお母様に強く迫った。
グループの全員が実は大の宗教嫌い、一人の友人がプチ切れして
「このツボお借りしますね」と言って台所でぬか床全部入れておばちゃん達に
返した。みんな「やったー」とほくそ笑みながら唖然とするおばちゃん達を
五人で押しくら饅頭して玄関から放り出した。
お母様は激笑い、息子も感謝で寿司をご馳走してくれた。  長レスすみません。

総レス数 1009
336 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★