2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今までにあった修羅場を語れ 26話目

485 :おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/:2015/11/26(木) 19:34:31.21 ID:1xqDVAQd.net
初心者なので、スレ違いだったらごめんなさい。

18才の夏休み。
昼頃まで寝ていて、尿意で目が醒め、
Tシャツ&パンツ姿のまま、
寝ぼけつつトイレへ向かいました。

家のトイレは玄関の近くにあり、
トイレのドアノブに手をかけた時、
我が家担当の銀行員さんが「こんにちはー」と
爽やかな声と共に、玄関の扉を開けました。
(玄関の鍵はかけない、馴染みの人はピンポンしない土地柄)
固まって、見つめ合う二人。
暫く間が空いた後、「すいませんでしたっ!」と、
真っ赤な顔をした銀行員さんが、勢いよく玄関を閉めた。
ばっちり目が覚めた私は、本当に恥ずかしくて、
廊下を「アワワワッ」と転げ回りました。

以来、銀行員さんが担当を外れる数年間、
我が家に客が来れば、部屋に引きこもり、
帰宅の際、玄関に見知らぬ靴が有れば踵を返す、
とにかく銀行員さんと会わないようにしていました。

それから時が流れ、銀行員さんの事を忘れつつある頃、
友人が結婚する事になり、結婚式に行ったら、
あの銀行員さんが新郎席に居ました。
もう、焦りまくって、大量の汗をかきながら、挨拶した事を覚えています。
友人に「新居に遊びに来て」と言われていますが、未だに行けていません。

しょぼいと思いますが、以上が私の修羅場でした。

総レス数 1009
336 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★