2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

今までにあった修羅場を語れ 36話目

133 :息子サイド:2017/11/04(土) 23:18:45.39 ID:rFaWcjxJ.net
私の実の両親は、運命的な出会いから大恋愛の末、
数多の困難を乗り越えて結ばれたといいます。

資産家の一人娘であった母と対照的に、父の家庭環境は恵まれたものではありませんでした。
そのような2人の結婚に周囲は猛反対しましたが、
勤勉誠実な父の人柄と、母の愛ゆえの覚悟が理解されると、親族知人の全てが2人を祝福したといいます。

その後、私が産まれました。大変な難産だったといいます。
私の誕生は、両親にとって生涯で最も幸せな瞬間だったといいます。

そんな幸せの絶頂は、皮肉にも、父の人生最大の哀しみに繫がります。

母は私を産んだ翌日、父を残して天に召されました。
その時の父は、悲壮のあまり、母の後を追うことさえ頭を過ぎったといいます。
しかし、そうはしませんでした。

哀しみの最中、母の残してくれた、大いなる遺産を相続したことに気付いたのです。このことは、私が成人した日、母の墓前で父が申し訳なさそうに告白してくれました。

資産家の令嬢でもあった母の遺産には、莫大な金額に相当する不動産や金融資産がありました。
しかし、それらは全て、母の遺産の付属品にすぎないのだと、父は語りました。

母の全ては父に受け継がれました。
父の全ては母であり、それは母の残した私という遺産なのだといいます。

ー省略ー

いま、私の手の中にある銀のナイフは、亡き母の輝きです。
そしてそれは、闇に捕らわれかけた父の魂を照らし救う、唯一なる祝福の光です。

135 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★