2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

絵里「私達が?」真姫「高級クラブ?」海未「はまるわけないじゃないですか」

1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/:2017/03/29(水) 02:10:56.05 ID:jz2lhmvU.net
落ちてしまったので
続きから

514 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:03:05.79 ID:IOOoE2GU.net
真姫「それより穂乃果がね…自分の怪我に関してはやっぱり大事にしたくないって言うのよ」ハア

にこ「あくまで暴力や恐喝は無かったことにして、土地の問題を解決したいわけね」

真姫「だからその暴力団員に関しては私が騒ぎにもならないやり方で消してやろうかと思って」クルクル

海未「冗談と思ってないじゃないですか…」

真姫「ふふ」

にこ「ほんと、よくやるわよ。暴力団相手にのこのこと乗り込むなんて…」

真姫「ほんとに…ね」

真姫 (そこがまた危なっかしいと言うか…)

海未「まあそう言うことでしたら、私がその件を担当しましょうか」

真姫「本当?」

515 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:04:14.20 ID:IOOoE2GU.net
海未「ええ」

真姫「…」クルクル

にこ「真姫ちゃん。どうせ裁判なんか面倒起こす前に自分が土地を買ってしまえば済むじゃない、とでも思ってたんでしょ」ジロ

真姫「ヴェッ…別に、そんなこと」ギク

にこ (やっぱりそうなのね…この成金は…)


海未「あのですね…根本的にそれは何の解決にもなってませんし、美味しい顔をするのは相手側なんですよ?」

にこ「まーそれは相手の意味不明な金額要求をはねのけてからね。土地を買ってあげるのは真姫ちゃんの自由だし」

真姫「…」

海未「真姫、それから穂乃果とは…あれからどうなったんですか?」

真姫「ああ」

真姫「一緒に住むことにしたわ」クルクル

516 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:05:37.50 ID:IOOoE2GU.net
にこ「えっ」ギョ

海未「」

真姫「え、…なに?」

海未「なっ…//」

海未「て、展開が早すぎませんか…?!///」

にこ「アンタ犬飼う感覚でやってない?」

真姫「そんなわけないでしょっ!!」クワッ

にこ「まあ…もう大人なんだからああだこうだ言うわけじゃないけど、急ね…アンタは本当にわかんないわ」

にこ (変わったわねー、ほんとに)

真姫「まあ、部屋はきっちり分けさせて貰うけどね」

真姫 (穂乃果は危なっかしいから私がちゃんと見てないとダメってよく分かったし…)

真姫 (穂乃果がいた方が、私にとっても良いってこともね…)

517 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:07:34.38 ID:IOOoE2GU.net
海未「そ、そうですか…」フゥ

海未 (まあでも、上手くいったみたいで良かったです)



にこ「あーそうだ」カタ

にこ「それより今日絵里が退院すんのよ」

海未「えっ、そうなんですか?予定より随分早い気がしますね」

真姫「ほんと、早かったわね」

にこ「身体だけは丈夫みたいだからね。それで誰か手空いてたら迎えに行ってくんない?」

にこ「私、今日はこれから用事があってね」

海未「実は私もこれから依頼人との打ち合わせが…」

真姫「私も裁判所に行かなきゃだし…って言うか治ってるならひとりで帰ってこれるわけでしょ?」

にこ「…」

にこ「そうだけど。誰も来なかったら…どうせあいつ拗ねるでしょ」

518 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:09:14.46 ID:IOOoE2GU.net
海未「ええ、最悪泣くかもしれません」コクリ

真姫 (確かに…面倒くさ…)

真姫「…凛や花陽は司法試験の間近の時期だしね」

にこ「まあ、ここで考えたら、暇そうなのはあんじゅね」

海未「…あんじゅですか…」

真姫「…うん」

にこ「いや、しょうがないじゃない。そんな顔で見られても」

海未「あ、そうです!少し、希に掛け合ってみます」スッ

真姫「あ!それ良いわね。ダメなら穂乃果も車なら出せると思うし」

にこ「ちょ…」

にこ (あんじゅの扱いが不憫ね…まあ二人とも貸しを作るのが嫌なだけなんだろうけど)

519 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:10:36.18 ID:IOOoE2GU.net
〜病院 入り口〜


医師「じゃあ、また戻ってこないようにね。絢瀬さん」

絵里「はい」ニコ


看護士「わ〜〜癒しがたまた一つ無くなるわね」ヒソ
看護士「本当ね〜」ガッカリ


絵里「あ、あはは…お世話になりました」

ウィーン


絵里「…」キョロキョロ

絵里 (迎えに車を寄越すから待っててって海未からメールが来てたけど…ここでいいのかしら)

タッタッタ


絵里「ん?」チラ

絵里「えっ、あれ…」

520 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:11:46.88 ID:IOOoE2GU.net
ことり「あ…絵里ちゃん〜」


絵里 (ことり?!)ガタ

絵里 (え?え?なんで…)


ことり「ごめんね、お待たせ」

絵里「いや…全然待ってないけど、ことりが、どうして…?」ドキドキ

ことり「えっと…海未ちゃんと真姫ちゃんから頼まれたの」

ことり「絵里ちゃん、荷物とかもあるだろうから車を出して迎えに行って欲しいって」

絵里「そ、そうなの…?」

絵里 (ことり、免許持ってたのね…意外だわ。…じゃなくてっ)


絵里「ことり、ありがとう…//」


ことり「?」

ことり「いいえ」ニコ

521 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:13:14.10 ID:IOOoE2GU.net
絵里「う…//」(久しぶりに見たらなんかすっごい可愛いわね…)

ことり「じゃあ、行こっか。すぐそこに停めてあるから…」サッ

絵里「は、はい」タタッ

ことり「…どうしたの絵里ちゃん。改まって」

絵里「あ、いや…」

絵里「久しぶりだし、入院したのも知られてたのね…」

ことり「…」(それは本当に…)

ことり「…偶然知ったんだ」スッ

絵里「そう…なの」

絵里 (なんか…ことり)

絵里(そっけない…?)

522 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:14:41.93 ID:IOOoE2GU.net
ガチャ

絵里「お邪魔します」

ことり「どうぞ〜」

ことり「荷物は後ろにまとめて置いておくね?」

絵里「ありがとう」

ことり「じゃ、行こっか。お家の近くまでナビ宜しくね」

絵里「え、ええ」


バタン


絵里 (なんかまだ呆然としてしまうわね)

絵里 (まさか、ことりが来てくれるとは)

絵里 (てっきり海未が来ると思って、服とかかなりラフなんだけど…)ハァ

523 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:15:21.77 ID:IOOoE2GU.net
ブロロロ…

ことり「…」

絵里「…あの、ことり…?」

ことり「ん?」

絵里「よく運転するの?」

ことり「うーん。週に何回かは買い出しで、するかな。荷物がすごい量になっちゃうから」

絵里「そうなの、意外ねぇ」(買い出しってなにかしら)

ことり「うん、よく言われるかな」

ことり「…」

絵里「…」

524 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:16:32.11 ID:IOOoE2GU.net
ブロロロ…


絵里「あの…」

ことり「…ん?」

絵里「勘違いだったら凄く申し訳ないんだけど…」

ことり「…」

絵里「ことり……、何だか、私に怒ってる?」チラ

ことり「…」

ことり「そんなこと、ないよ」ムス

絵里「え〜…」(ほらもう絶対そうじゃない!)

絵里(で、でもなんか…)

絵里(怒ってることりも…ちょっとかわいい///)

ことり「…」チラ

525 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:18:06.49 ID:IOOoE2GU.net
絵里 (…じゃなくて)

絵里「もしかして、その。入院したの黙ってたから…とか?」

ことり「べつに、気にしてないもん。希ちゃんや穂乃果ちゃんは知ってたのも…気にしてない」

絵里「あ〜…ち、違うの…」(やっぱり…)

ことり「…」

ことり「あの時に、…教えてくれれば良かったのに」シュン

絵里「あの時って、花見の時?」

ことり「…」

ことり「全然気付かなくて、私…馬鹿みたいでしょう…」

ことり(怪我できっと辛かったはずなのに、全然気づいてあげられなくて…)

絵里「そんなこと…そもそも隠してたのは、私だもの」

ことり「…」

526 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:18:59.11 ID:IOOoE2GU.net
ことり「どうして黙ってたの…?希ちゃんのストーカーの人に怪我させられたんでしょう?」

絵里「…そう、よ」

絵里「黙ってたのは…それは」

ことり「…うん」

絵里「ことりにだけは、心配をかけたくなかったのよ…と言うか、その」

絵里「か、格好つけてたのよ…//」カァ

ことり「ええ…?」

ことり(えっ、なにそれ…私にだけって)

ことり(やっぱりかわいいな…この人…//)

絵里「あ〜…もう。恥ずかしい」

絵里「誰よ、情報漏らした

527 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:19:43.10 ID:IOOoE2GU.net
絵里「誰よ、情報漏らしたのはっ」

ことり「そりゃ漏れるよ!隠しきれるわけないでしょう、もう」

ことり「凄くびっくりしたんだよ!」ピィッ!

絵里「そ、そうよね…スミマセン」ビク

ことり「私は、たまたま病院に行った時に、絵里ちゃんの部屋を通りかかって」

絵里「ええ?!そうだったの…」

ことり「…」

ことり「あんじゅさんもいた…」

絵里「」

ことり「仲良さそうだったね」チラ

絵里「」ガタッ

絵里「や…本当に、ちがうくて…」

528 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:21:34.60 ID:IOOoE2GU.net
絵里「あんじゅは…本当に、呼んでないのに、来たの…」オロオロ

絵里「やましいことは、何一つないの…」

ことり「はぁ」

ことり「もう別にいいから…」

絵里「…」ショボン

ことり (あー…シュンとしちゃった)

絵里「…」

ことり (希ちゃんから元恋人って言うのは聞いてたけど、絵里ちゃんの顔を見たら、変に意地悪言っちゃった…)

ことり (幼稚だなぁ…私も。でも改めて感じるけど、思ってたより私…)

ことり(絵里ちゃんのこと好きなんだ…ね)

絵里「…」シュン


ことり (ずっと格好いいとか綺麗とか言う完璧なイメージがあったけど…)

529 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:22:40.27 ID:IOOoE2GU.net
ことり(なんだか慌てて言い訳する所とか、子どもみたいにしょんぼりする所とか)

ことり「…うん。絵里ちゃんも、カッコ悪い所あるんだね」

絵里「」ガーーン

絵里(もう結構ボロボロなんだけど…)

絵里(もう一回入院したい……)

ことり「あっ」

ことり (前よりも話しやすくなったって、言いたかったんだけど…)アセアセ

ことり「え、絵里ちゃん」

ことり「お昼、まだ食べてないよね」

絵里「え?うん…」

ことり「…どこか寄って食べていこっか」


〜〜

530 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:23:32.50 ID:IOOoE2GU.net
〜〜


絵里 (……)ドキドキ

絵里 (まさか、ことりの家に来れるとは…)

ことり「どこのお店も凄い行列だったね…」フゥ

ことり「あ、リビングで適当にくつろいでてもらっていいよ」


絵里「そ、そうね」

絵里 (2時間待ちなんて店が続いたから、結局ことりが家でご飯を作ってくれるって言うことになったわけだけど)

絵里 (これって、ことりは…例の件については許してくれたってことなのかしら)チラ

絵里(カッコ悪いとか言われたばかりで、聞きづらいわね…)

ことり「ん〜食べたいものある?食材は結構買いだめしておいたから色々あるよ♪」

絵里「え?何でもいいけど…」

ことり「何でもはなしだよっ」ムッ

531 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:24:59.06 ID:IOOoE2GU.net
絵里「じゃ、じゃあ…」

絵里「一緒に作る?」

ことり「え?病み上がりだから…いいよ?」

ことり(さっき凄い落ち込ませちゃったし)

絵里「ううん」スクッ

絵里「ことりには迎えに来てもらったし」

絵里 (って言うか、良いところ見せてこれから挽回してかなきゃだし!!)

絵里「手洗うわね」ニコ

ことり「う、うん」(なんかやる気まんまん…?)

ことり(あ、でも…)

ことり (誰かとキッチンに並ぶのって……凄く久しぶり…だな)チラ

絵里「〜♪」

ことり(…嬉しいな) ニコリ

〜〜

532 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:27:58.21 ID:IOOoE2GU.net
つづく

訂正
>>519のは×看護士→○看護師です
すみません

533 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 20:51:39.16 ID:R2Xc2Z5V.net
ことえりの関係がなおってよかった

534 :名無しで叶える物語:2017/04/25(火) 21:14:57.89 ID:RsAD6y5V.net
久しぶり…以前は百合ってた関係の方が居たんですかね(ワクワク

535 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 00:45:43.33 ID:geh9N8VJ.net
みんないい感じになってきたな

536 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 03:07:27.34 ID:d+glTad4.net
乙です
誰も迎えに来てくれないと拗ねる絵里ち可愛いな

つまんないことだけど、
>>518であんじゅに作るのって貸しじゃなくて借りでは?

537 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 10:22:28.52 ID:TntTyQPj.net
こまけぇこたぁいいんだよ

538 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 14:02:07.57 ID:QtqiYZfh.net
そーれワカチコワカチコ!

539 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 20:18:01.38 ID:y8lH+MQN.net
>>528
つき合ってるのかな?

540 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 21:11:49.30 ID:ztDwb1Ne.net
ことえりで料理か
二人とも普通にできそうなのに甘いものが並ぶ光景しか想像できない

541 :名無しで叶える物語:2017/04/26(水) 22:10:57.22 ID:wFjN0rYG.net
ん?今俺の脳内に理由は分からないが何故かチーズケーキと鍋が浮かんだが…気のせいだな!

542 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:44:40.86 ID:HJ5z01dj.net
〜〜

絵里「さて、何つくる?♪」

ことり(あはは、凄いやる気だ。かわいい)

ことり「絵里ちゃんの得意料理は?」

絵里「得意なもの…」

ことり「料理作らなきゃって時に、まず思い浮かべるものとか」

絵里「ん〜私はまず、何のお酒をメインに飲むかって言うのによるかしら」

ことり「お酒好きだね〜。でも分かるかなぁそれは」

ことり「より楽しみが増えると言うか、そんな感じだよね」

絵里「うんうん♪」ニコニコ

ことり「この前希ちゃんが遊びに来た時に飲めなかったワインが赤と白両方あるかな…」

543 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:45:26.69 ID:HJ5z01dj.net
ことり「あとはビール…とサワーがいくつか」ゴソゴソ

絵里「えっ」

ことり「え?」

絵里「…ほんとに飲んでくれるの?って言うか、今日仕事は?」

ことり「いいよ?もう夕方だし…それに、仕事あったら飲まないよ」アハハ…

ことり「あ…その代わり絵里ちゃん帰りはタクシーだね、結局」

絵里「…まあ、思ったより近かったし。そんなの大丈夫よ」

ことり「そっか、良かった」ホッ

絵里「それよりまずはワインにしましょうか」カタ

ことり「賛成♡じゃあ簡単だし食材も色々あるから、オイルフォンデュでもする?」

544 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:46:41.42 ID:HJ5z01dj.net
絵里「あらーいいわね♪じゃあ私は前菜でも作ろうかしら」

絵里 (ことりとは趣味が合うのよね〜、楽しい)

ことり (久しぶりに楽しいな♪)

ことり「うん、冷蔵庫好きに見てね。調味料もたくさんあるから」

絵里「本当…凄いわね」(綺麗に整頓してるし)

ことり「あっ、とりあえず…一口だけ快気祝いの乾杯する?」スッ

絵里「ありがとう」クスリ

ことり「うん♪」


「乾杯」カチン

545 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:47:43.10 ID:HJ5z01dj.net
〜〜


ことり「…結構おなかいっぱいになったねぇ」

絵里「そうね〜」

絵里 (ずっと病院食の薄味だったから感動的に美味しく感じられたわ…)

ことり「それにしても…ずっと思ってたけど絵里ちゃんお酒好きだね〜。全然酔わないし」

絵里「ロシアのクォーターだからじゃない?分からないけど」グビ

ことり「ふふ、適当だなぁ〜」

ことり「わたしは結構ふわふわしてきたよ…」

絵里「あはは、ほら水飲んで。あ、でもこの間穂乃果と飲んだ時は私もまあ酔ったわよ?」

ことり「え?そうなの?いいなぁ…」

ことり「ことりには全然お誘いくれないのに…」ムス

546 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:49:52.36 ID:HJ5z01dj.net
絵里「ぅっ、いや。あれは偶然だったのよ…」

絵里「ことりは改めてちゃんと誘おうと思ってて…」アセ

ことり「そっか…」グビ

絵里「…」

ことり「…」

ことり「絵里ちゃん、…恋人いるの?」

絵里「」ガタッ

絵里「え?!いないわよ?!な、なんでっ?!」

絵里 (むしろいるのにことりと約束したり遊んだりしてると思ってたの…?!)

ことり(な、なんでこんなに動揺してるんだろう…)

ことり「いや、聞いただけだよ…?でも、そうなんだ。いないんだ…」

ことり(いないと信じてたけど…良かった)

547 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:50:52.41 ID:HJ5z01dj.net
絵里 (やっぱり私って…そう言うイメージなのかしら…)

絵里(まあ、私が悪いんだろうけど…)ハァ

ことり (何かまた落ち込んでる…)グビ

ことり「ねぇ…絵里ちゃんは、本当に好きになった人、今までいる?」

絵里「…!」ズキ

絵里 (あの時と同じ…質問)ズキ

ことり「?」

絵里「…」(でも、ことりは多分そう言う意味で聞いてるんじゃない)

絵里「本当に本気になったのは…ひとりだけ、いた…かな」

548 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:52:56.88 ID:HJ5z01dj.net
ことり (それって、…)

ことり(あんじゅさん…なのかな)ズキ


ことり「…そっか」ウトウト

絵里「失恋しちゃったけどね。それに、もう会うことはないわ」ニコ

ことり「え…」

ことり (あんじゅさんじゃ…ない?)

ことり (それにすごく、悲しそうに…笑ってる…)グッ


絵里「…」

絵里「ことりはあるの…?その、本気で恋をしたこと…」

ことり「…」

ことり (言っちゃおうかな…)

ことり「えへへ。わたしは、ないんだ…」

549 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:56:41.20 ID:HJ5z01dj.net
絵里「えっ…」

ことり「…ちゃんとした恋をしないまま大人になっちゃったから、感情だけで付き合うとか、今はもう出来ないのかも…」ハハ…

絵里 (……そう、なのね…)

絵里「じゃあ色んな事を抜きにして、…感情だけで考えたら…」ドキ ドキ…

絵里「今は、…好きな人、いる?」

ことり「…」

ことり 「今は……//」

絵里「…」ドキドキ

ことり「…」

550 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:58:04.00 ID:HJ5z01dj.net
ことり「…zz」グゥ…

絵里「え」

絵里 (うそ?寝た?!)

絵里(こ、ここで寝るのね……)ガックリ

絵里(可愛い寝顔ね…まったく)


絵里「でも…」

絵里 (付き合うだとか、恋人だとか…そう言う関係性は後にしたとして…)


絵里「私はあなたのこと…好きだと思う…」


ことり「zz...」グゥ

絵里「あはは…ずるいわね、私も」カタ

絵里「片付けて、帰ろう…」スッ

〜〜

551 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 00:59:32.88 ID:HJ5z01dj.net
〜数日後 西木野家 自宅〜


真姫「…」

穂乃果「…」キョロキョロ

真姫「穂乃果」

穂乃果「ぅえ?!な、なに…?」

真姫「何て言うかソワソワして、凄く…気になるんだけど」

穂乃果「あはは…ご、ごめん」エヘヘ

穂乃果「だって、真姫ちゃんの家……広くて大きいんだもん」

真姫「そう?」

穂乃果「そうだよ!!」

552 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:00:39.41 ID:HJ5z01dj.net
穂乃果「こ、ここに一人で住んでたの?」

真姫「まあそうね。数年前まではお手伝いさんもいたけど」

真姫「今はもう大丈夫って言ってあるのに、心配で見に来たがるのよ」クス

穂乃果「へぇ、仲良しなんだね」

真姫「親代わりみたいなものだったしね」

穂乃果「うーん、それにしてもこんな大きな戸建てにひとりじゃ…寂しくなかった?」

真姫「ん〜もう慣れてたし、よくエリーや海未も泊まりに来てたから」

真姫「集まって何かするとなれば、昔からうちの家が多かったわ」

穂乃果「あはは、二人とは本当に仲良しだね」

553 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:01:22.32 ID:HJ5z01dj.net
穂乃果「…」

穂乃果「あ、あのさ…」

真姫「なに」

穂乃果「…や、やーっぱなんでもないっ!」プイ

真姫「はぁ?」

真姫「気になるじゃない。て言うかこれから一緒に暮らすなら、いちいち言ってくれなきゃ私も困るわ」ジッ

真姫「私、基本的に人を世話するの慣れてないから。要望は全部口に出して言うことにして」

穂乃果「うっ」(よ、要望って…)

穂乃果「いや…あのね…?」モジモジ

穂乃果「真姫ちゃんと私、これから一緒に暮らすでしょ?」

554 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:02:51.29 ID:HJ5z01dj.net
真姫「ええ」

穂乃果「真姫ちゃんと、私の関係性って…何なのかなって…」

真姫「…?」キョトン

穂乃果「う…//」(あ、わけわかんないって顔してる!)

穂乃果「こ、恋人!なのかなぁ…って!///」

真姫「ああ」

真姫「うん、別に恋人で良いんじゃない?」

穂乃果「え?」(アッサリ…)

真姫「って言うか今更、この関係の名称なんかに拘る必要あるの?」

穂乃果「だ、だって〜…///」

穂乃果 (やっぱり不安だし)

真姫「…」ハァ

555 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:03:38.08 ID:HJ5z01dj.net
真姫「…私、誰でもかれでも言わないわよ。その、傍にいなさいだなんて」

穂乃果「ほ、ほんと?」テテテ…

真姫「ええ…」

穂乃果「良かったぁ…!えへへ」ギュッ

真姫「…っ」ドキ

真姫「と、とにかく」コホン

穂乃果「うん」

真姫「あなたは早く怪我を治しなさい…そのまま出勤は少しキツいでしょう」

穂乃果「そうかな?大丈夫だよ?」

真姫「駄目」

556 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:05:00.43 ID:HJ5z01dj.net
真姫 (何なら働かなくていいんだけど…そんなこと言ったら多分、海未達にまたなんか言われそうだし…世間的にもだめよね)ハァ

穂乃果「うん…わかった!早く治すね」

穂乃果「真姫ちゃん、本当に色々…ありがとう」

穂乃果「お店のことも…」

真姫「いいの。それにあれは海未がすぐに終わらせてくれたでしょう、海未にお礼を言いなさい」

穂乃果「うん、わかった…でも本当に凄いね皆」

真姫「穂乃果の件はね、法律を学ぶときに一番最初に習うような事件の類いよ」

真姫「まあ面倒なチンピラに絡まれたみたいなものね」

557 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:06:02.42 ID:HJ5z01dj.net
穂乃果「そっかぁ」

穂乃果「でも真姫ちゃんと出会ってなかったら、そんなのも分からなかったし、どうなってたか分からないよ!」

真姫「そうかしら」

穂乃果「うん♪あのお店で働いてて、本当に良かった」ニコ

真姫「確かに、店には私達三人とも、感謝しないといけないのかもね」クス


真姫 (本当、最初はクラブだなんて…って軽く見てたのに…)

真姫 (人生、何が起こるか分からないわね)



〜〜

558 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:08:16.09 ID:HJ5z01dj.net
つづく

>>518のは、この場合「借り」ですね。失礼しました

559 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:09:18.52 ID:iHphDWaP.net


560 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 01:14:25.96 ID:1thCPKy8.net


561 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 06:49:50.65 ID:N26buBJD.net


562 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 06:57:19.98 ID:auJm7iQG.net


563 :名無しで叶える物語:2017/04/27(木) 10:22:56.44 ID:35iJquLu.net
L

232 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★