2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

女子大生海未「穂乃果。セックスを前提に結婚してください」穂乃果「いやだ」

1 :名無しで叶える物語(やわらか銀行)@\(^o^)/:2017/04/07(金) 15:24:11.18 ID:uTBftApx.net
海未「なんでですかー!?」

穂乃果「私たちまだ18歳なんだよ?」

海未「法的には何の問題もありません!」

穂乃果「でも、未成年の結婚には親の同意が必要だしさ」

海未「それは……」

穂乃果「………やっぱり学生の内に結婚するなんて無茶だよ。非現実的すぎる」

穂乃果「この4月から大学生活が始まるんだし、お互いに現実を見ないとね」


海未「………」

563 :名無しで叶える物語:2017/05/22(月) 22:08:05.21 ID:4q1ybjB4.net
全部コッティの妄言の可能性もあるぞ

564 :名無しで叶える物語:2017/05/22(月) 22:09:02.24 ID:4q1ybjB4.net
全部じゃなく、ハノケチェン関連の不穏なお話は、だった

565 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 05:27:26.85 ID:g3dDc8Gn.net


566 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 12:36:47.03 ID:OodLLHLp.net
闇未ちゃんって事か

567 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 16:12:16.27 ID:EEXWAfQ2.net
闇未ちゃんつーかヤミライブだ
全部おかしい

568 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 16:26:56.43 ID:KUxaCMcq.net
やっと追いついた
スレタイからしてほのキチほのうみギャグSSだと思ってた自分が恥ずかしい

569 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 16:28:01.39 ID:KUxaCMcq.net
拭いきれない不安感と
唐突に入るギャグが面白い

570 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 16:28:42.78 ID:KUxaCMcq.net
しばらくはこのSSを楽しみに生きていきます

571 :名無しで叶える物語:2017/05/23(火) 22:59:00.84 ID:csSXviBG.net


572 :名無しで叶える物語:2017/05/24(水) 03:50:11.02 ID:rdr7R+Hz.net


573 :名無しで叶える物語:2017/05/24(水) 20:52:52.24 ID:FZsXnTbk.net


574 :名無しで叶える物語:2017/05/24(水) 23:10:12.93 ID:00zXT/Cr.net
へいかもん

575 :名無しで叶える物語:2017/05/25(木) 04:16:27.06 ID:ypyaqWdp.net


576 :名無しで叶える物語:2017/05/25(木) 12:40:12.36 ID:joIIkVG3.net


577 :名無しで叶える物語:2017/05/25(木) 19:09:58.21 ID:2SjcC+Ap.net
保守

578 :名無しで叶える物語:2017/05/25(木) 22:56:15.10 ID:GYkjXXmI.net
更新土日になりそう…

579 :名無しで叶える物語:2017/05/26(金) 00:51:47.89 ID:6Mm9EkpU.net
待ってる

580 :名無しで叶える物語:2017/05/26(金) 02:39:04.39 ID:V5vvNcL4.net
>>578
圧縮に巻き込まれさえしなきゃ良いよ
頑張ってくれ

581 :名無しで叶える物語:2017/05/26(金) 08:16:12.81 ID:YffD3okB.net


582 :名無しで叶える物語:2017/05/26(金) 12:16:30.34 ID:RiTBhNEj.net
k子さんの正体はkousaka…

583 :名無しで叶える物語:2017/05/26(金) 19:20:17.27 ID:3GU+8Aaz.net
ほしゅ

584 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 02:24:36.56 ID:Vci3Eovz.net


585 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 06:57:01.78 ID:J4QlgVqh.net
しゅ

586 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 07:08:21.79 ID:2/iDQQla.net
維持

587 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 13:26:17.58 ID:fgNUnXJG.net


588 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 18:22:22.19 ID:e7e7tRuV.net


589 ::2017/05/27(土) 21:16:30.74 .net
はよ

590 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 21:59:53.60 ID:D7EzVJcz.net
落とさん

591 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 23:51:43.20 ID:93b206Y2.net
#22

k子「海未ちゃん、朝だよ〜」

海未「………何ですか?今冬眠中なんですよ、起こさないでください…」

k子「グリズリーくん、君にお客さんだよ。だから起きろ〜」

海未「うがぁ!」


私は毛布にくるまり必死の抵抗をしましたが、k子さんは毛布ごと引き摺り出しました。

私はそのまま床に叩きつけられました。

誰なんですか、お客さんとは…。どうせことりのことなんでしょうけど。



海未「………って、まだ8時じゃないですか…!こんな早朝に訪ねてくるとは、何用でしょうか?」

k子「いいから早く出てあげなよ。かわいい彼女が待ってるよ」


かわいい彼女…?

嗚呼、やはりお客さんとは、ことりのことでしたか。

まったく、こんな朝っぱらに訪ねて来るなんて非常識ですよ!会ったら文句の一つでも言ってやります!

………私はそう意気込んで扉を開けましたが、そこに居たのは、思わぬ人物でした。

592 :名無しで叶える物語:2017/05/27(土) 23:53:24.01 ID:93b206Y2.net
凛「………あ、海未ちゃん」

海未「凛!何故ここに…!?」

凛「あはは。ちょっとね…」


凛は私と目を合わせようとしません。

凛がこの癖をするときは、決まって何か後ろめたいことがあるのです。


海未「……今日って確か、センター試験当日ですよね?こんな所で何やってるんですか?」

凛「いやー、ほら!テストの前に海未ちゃんの顔を拝んでおこうと思ってさ!」

凛「海未ちゃんパワーがあれば今日のテストも乗り切れるかな〜、なんて。私にしてはナイスアイディアだと思わない?」

海未「私にはそのような仏チックな能力など備わっていませんよ」

海未「それより、時間は大丈夫なんですか?もう既に8時を回っていますが」

凛「ううん、大丈夫じゃないよ。もうとっくにかよちん達との集合時間に遅れてるし」

海未「……ならば早く行きなさい」

凛「実はね、試験会場は音ノ水女子大学なんだよ。だから海未ちゃんも一緒に来てよ」

海未「いやです。何故せっかくの休日なのに外へ…況してや学校に行かなければならないんですか!」

凛「ここから音ノ水までの道が分からないの!海未ちゃんなら毎日通ってるから分かるでしょ。だから、一緒に来て?」

海未「……わかりましたよ。ちょっと待っててください、すぐに支度してきます」



私はパジャマから着替え、パパッと支度を整えると、凛と一緒に大学へと向かいました。

私が準備をしている間、凛は花陽と真姫に遅刻の連絡を入れていたようです。

593 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 01:49:12.86 ID:dVMPRc5B.net
今は1月も中旬。

冬の朝というものは、何度過ごしても慣れません。

更に、すこし出かけるだけと思って防寒を抜かったことが仇となり、南極に居るかのような寒さを体感しています。

私は身を震わせながら足を前に進めます。



凛「海未ちゃん。手袋してないけど、冷えないの?」

海未「冷え冷えに決まってるじゃないですかバカですか。まったく、誰のせいだと…」

凛「じゃあさ、ほら、手を出して」

海未「…?」


凛に言われた通り手を出すと、凛は私の冷えた手を取り、ぬくぬくと包みました。


凛「で、このまま私のポケットに突っ込むと………ね?あったかいでしょ?」

海未「………」



私は、この少女漫画風なシチュエーションに少しドギマギしました。

しかし、この湧き上がった感情は心の中だけに抑え、敢えて言葉にはしませんでした。

594 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 01:50:57.79 ID:dVMPRc5B.net
右手には凛から借りた手袋をはめ、左手は凛の右手と繋いだままポケットの中に入っています。

多少の羞恥心はありましたが、暫くの間、手がぬくぬくする悦びに浸ることにしました。



海未「見えてきましたよ。今日の試験会場です」

凛「うん、そうだね」


門の前に受験生達が集まっている様子が遠目からでも見えました。


海未「………もうすぐ会場に到着しますが、その前に一つだけ訊かせてください」

凛「何?」

海未「凛は何故、私の元を訪ねて来たのですか?」

凛「あれ、言わなかったっけ?私は海未ちゃんのご尊顔を拝見する為に参ったんだよ。海未ちゃんには御利益があるから〜…」

海未「凛は嘘を吐くとき、決まって目が右に泳ぐんですよ」

凛「………流石は海未ちゃん。ほんと、人のそういう所だけはよく見てるよね」

凛「正解だよ。私は海未ちゃんパワーなんて求めてないし、信じちゃいないよ」

凛「本当を言うとね、私はただ、海未ちゃんに逢いたかっただけなの」

海未「どうして私に逢いたかったのですか?」

凛「………」

595 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 01:52:40.19 ID:dVMPRc5B.net
凛「昨夜ね、夢を見たの」

凛「夢の中ではね、海未ちゃんが、どこか遠くに行っちゃうの。すごくすごく遠い場所」

凛「逢いたくても逢えなくて、手を伸ばしても届かない世界…。もう一生、海未ちゃんに逢うことができないんだって…」


凛「………朝起きたとき、私、泣いてたんだ。怖かったんだ」

凛「もう二度と、海未ちゃんと会えなくなるんじゃないかって…。不安で不安で、だから………」

海未「バカ言わないでくださいよ。私がいなくなるわけないじゃないですか!」

凛「ほんとに…?」

海未「ええ、約束します。私は黙って、突然あなたの前から消えたりしません」


ポケットの中で繋いだその手を、力強く握り締めます。


海未「今、海未ちゃんパワーを送りました。……今日のテスト、頑張ってください!」

凛「……ぷっ!あはは!!海未ちゃんパワーって………自分で言っちゃうんだ!」

海未「!?……やっぱりナシです!パワーを返してください!!」



私たちはテスト前とは思えない緊張感の無さのまま、会場へと到着しました。

596 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 01:54:05.46 ID:dVMPRc5B.net
凛「あ、かよちんー!真姫ちゃん〜!」

花陽「凛ちゃんー!もう、遅い………って海未ちゃんだ!?」

海未「ど、どうも。凛に頼まれて付いて来てしまいました…」

真姫「ちょっと、何やってるのよ!」

海未「あ…、あまり凛を怒らないであげてください。凛にも色々と事情があってのことで…」

真姫「違うわよ!二人はそのポケットの中で、何やってるのよ!」

海未「え?ポケットって………あっ」

真姫「朝からイチャイチャしてるんじゃないわよ、まったく!」

花陽「ピャーやらしい」

海未「ち、違います!これには深い訳が…」

凛「あーもう!試験前の緊張感があったもんじゃないよ!」

海未「凛がそれを言いますか!?」


こんなくだらない会話をしていると、次第に三人の表情も和らいできました。

私が来たことによって三人の緊張を解せたのなら、付いてきた甲斐もありましたね。

597 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 01:56:12.62 ID:dVMPRc5B.net
凛「試験が終わるまで待たせるのも申し訳ないし、海未ちゃんは先に帰ってくれていいよ」

海未「言われずともそうさせてもらいます」

真姫「じゃあそろそろ時間だし、私たちは行くわね」

海未「はい。凛と真姫はテスト、頑張ってくださいね」

凛「うん!全力で頑張るよ!」

真姫「当然でしょ!全問正解してあげるわよ!」

海未「それから、花陽も………頑張ってください」

花陽「……うん」


海未「さあ、三人共!これまで積み上げてきた成果を、存分に発揮してきてください!」

海未「………ファイトですよ!」



三人はそれぞれの想いを胸に、センター試験へと臨みました。

その後ろ姿はまるで、戦場へ赴く戦士のようです。

598 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:20:27.34 ID:z4GfJcM4.net
ほげ

599 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:22:10.30 ID:dVMPRc5B.net
ことり「おーい海未ちゃん〜」

海未「ことり?何故あなたがここに…?」

ことり「さっき海未ちゃんの寮に行ったら、『海未ちゃんなら大学に行ったよ〜』と聞いたから、ここまで来ちゃいました」

海未「ん…?私の行き先は、k子さんから聞いたんですか?」

ことり「え?ケイ子…?うん、たぶんその人かな」

海未「しかし変ですね。私の行き先はk子さんには伝えていないのですが、何故知っているのでしょうか…」

ことり「海未ちゃんの行動範囲は限定的だから、察しがついたんじゃないかな?」

海未「失礼ですね。私はもっとアクティブですよ」


ことり「そんなことより、海未ちゃんはここで何してたの?」

海未「色々とありまして、凛の送迎をしていたんです。今日はセンター試験の日ですからね」

ことり「あ、そっか」

ことり「……私たちも去年、この場所で、テストを受けたんだよね…」

海未「そうですね…」



そう、今から丸々一年前。

まだ穂乃果が東京にいた時の話。

私たちも世の学生と同様、必死に机にしがみ付いていたあの頃。

私が勝手に『第一次受験戦争』と呼んでいた、あのセンター試験が、この場所で行われました。

600 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:23:14.66 ID:dVMPRc5B.net
穂乃果『ついに、この日が来たんだね』


穂乃果は大学の門を見上げながら、そう言いました。


海未『大丈夫ですよ、この日の為にあれだけ頑張ってきたのですから。努力は嘘をつきません』

ことり『うん、そうだね…』

海未『ああ、でも、いざ戦地に立ってみると、段々緊張してきました…』

海未『いよいよ、第一次受験戦争が始まるのですね…』

ことり『何言ってるの…?アガる気持ちも分かるけど、今日が本番なんだから落ち着いて…ね?』

海未『うぅ…、すみません。私がこの調子では、三人で合格という目標も叶えられそうにありませんね…』

ことり『なんで他人事みたいに言うの!?グロッキーにならないで頑張ってよ〜!』


この時、私とことりは緊張のせいかアガってしまい、パニック状態にありました。

しかし、穂乃果だけは平静を保っていました。

そして穂乃果は私たちの手を取り、こう言いました。



穂乃果『ファイトだよっ!二人なら、絶対に合格できるよ!』

601 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:25:27.21 ID:dVMPRc5B.net
………あの時、穂乃果は『二人なら』合格できる、と言いました、

『私たちなら』と言えばいいところを、何故か『二人なら』と言ったんです。

花陽の相談を受けた後だから分かります。穂乃果は最初から、音ノ水に入学する気なんてなかったんです。

思えば、穂乃果はあの頃からずっと、おかしかったんですよね。


三人で音ノ水に合格する…。穂乃果はこの約束を破りました。

そして穂乃果は、私との間にも約束を結んでいます。

大学を卒業したら、結婚を前提にセックスすると。

果たして、穂乃果はこの約束を、本当に守るのでしょうか。



海未「………」

ことり「海未ちゃん…。色々と思うところはあるよね、分かるよ」

ことり「だから、その心に溜まったモヤモヤを全部吐き出しちゃおう?」

ことり「私が全部受け止めるから。それが、私の役目だから」



私はことりに連れられ、ファミレスに入りました。

まず頼んだのはドリンクバーでした。

ですが、ドリンクバーの配合よりも、今は穂乃果のことが気になって仕方ありませんでした。

結局私たちは、凛たちの試験が終わるまで、そのファミレスで愚痴をぶちまけていました。

602 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:26:11.03 ID:dVMPRc5B.net
3月の初め、三人から一斉に合格の報せが届きました。

凛と真姫は嬉しそうに、喜びと今までの苦悩を語ってくれました。

花陽は、やっと別れの覚悟ができたと、心の内を語ってくれました。

花陽は近々、凛と真姫に伝えるそうです。自分は大学には行かず、農家になることを。

そのとき、あの二人はどういった反応を見せるのでしょうか。花陽との関係はどのように変わるのでしょうか。


あの三人の行く末は、誰にも分かりません。

私だって、幼馴染二人との物語がどういう結末を迎えるのか、想像もつかないのですから。

603 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:26:44.17 ID:dVMPRc5B.net
そして、3月も中頃。

ことりから一通のメールが送られて来ました。



『そのだ 京都、行こう。』

604 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:27:30.26 ID:dVMPRc5B.net
ここまで

605 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 03:55:40.73 ID:ZF9kyUtQ.net
三都物語かよ
圧縮に巻き込まれないよう頑張ってくれ

606 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 04:40:11.46 ID:vyN+uQmn.net
ついに京都か

607 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 05:22:45.32 ID:UP2To6kP.net
園田呼びか・・・

608 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 07:16:53.43 ID:/W/Lw5HP.net
そうだ京都へ行こうみたいに言ってんじゃねえよw

609 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 08:22:43.35 ID:UP2To6kP.net
>>608
それじゃね?

610 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 08:50:23.54 ID:xhN8jzAR.net
>>601
逆じゃない

611 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 12:26:20.67 ID:ZF9kyUtQ.net
ホンマや
もしかしてスレタイの方が逆の可能性も

612 :名無しで叶える物語:2017/05/28(日) 16:35:24.40 ID:rBoUiV7p.net
逆にしたのもネタだと思うが

総レス数 612
213 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★