2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

しずく「歩夢ちゃん、大丈夫?」歩夢「えっ?は?」

1 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:26:57.43 ID:W/j8U0ZR.net
かすみ「先輩、歩夢先輩が目を回してますけど…」

あなた「大丈夫。昔から歩夢ちゃんは予想外の事が起こると数秒間停止しちゃうんだよ」

かすみ「歩夢先輩はロボットなんですか…?」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

しずく「歩夢ちゃん?具合が悪いなら保健室に…」

歩夢「…………はっ!…し、しずくちゃん?随分とモノマネが上手いんだね。私びっくりしちゃったよ…あはは」

しずく「も、モノマネ…?私何か変な事したかな…?」

歩夢「えっ?だ、だってそれ、あの子の真似だよね?」

しずく「あの子…?それに歩夢ちゃん、私の事、今なんて呼んだ?」

歩夢「えっ?し、しずくちゃん…」

しずく「…あははっ!歩夢ちゃんったら、昔からホントに私のツボがわかってるんだから…ふふっ、笑いが止まらないよ〜」クスクス

歩夢「えっ?えっ?む、昔?えっ?」

しずく「?…歩夢ちゃん?どうかした?」

歩夢「…あ、あなた?」

しずく「うん?」

歩夢「あなた、なの?」

しずく「うん、そうだよ?」

歩夢「!?!!???!??!?!!」プシュー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かすみ「先輩!?歩夢先輩が煙を噴いて倒れましたけど!?」

あなた「大丈夫大丈夫、昔から歩夢ちゃんは自分の前で予想外の事が頻発すると煙を噴いて倒れるんだよ」

かすみ「ポンコツロボットじゃないですか!!」

2 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:29:16.20 ID:W/j8U0ZR.net
前日

あなた「歩夢ちゃんと仲良くなりたい?」

かすみ「はい」

しずく「歩夢さんはいつも部活が終わると先輩と一緒に帰ってしまうので、ゆっくり話した事がなくて…」

かすみ「歩夢先輩は先輩のことばっかりでかすみん達には目もくれないんですっ!」プンスカ

あなた「えぇ〜、歩夢ちゃんが?皆と仲良くなれて嬉しいって言ってたけど…」

かすみ「そ、そりゃ仲良くなれましたけど…」

あなた「もっと仲良くなりたいんだ?」

かすみ「…あ、歩夢先輩と私は先輩を狙うライバル関係なんですから!!敵の事はもっと知っておきたいんです!」

しずく「かすみさん、意地を張らないでもっと素直になって」

かすみ「むむっ……あ、歩夢先輩は…その、大事な先輩ですから…もっと色んなことを知って、仲良くなりたいんです…」

しずく「はい、よくできました!」

あなた「あははっ!…嬉しいな、2人が歩夢ちゃんの事そんな風に思ってくれてたなんて」

しずく「まぁ、そういう事なので、先輩なら歩夢先輩とお近付きになれるような、色んな事を知ってるんじゃないかなと思って話を聞きに来たんです」

あなた「うーん、歩夢ちゃんと仲良くなるための情報かぁ…」

3 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:32:39.88 ID:W/j8U0ZR.net
かすみ「先輩はいつも歩夢先輩とどんなお話をしてるんですか?」

あなた「歩夢ちゃんと?うーん…特に変わったこともない他愛ない会話だけど…」

しずく「…こほん」

しずく「『ねぇあなた、覚えてる?幼稚園の頃…』」

しずく「『うん覚えてるよ!歩夢ちゃんが私にお弁当作ってくれたんだよね!』」

しずく「『う、うんっ!覚えててくれたんだ…』」

しずく「『覚えてるよ!嬉しかったもん』」

しずく「………こんな感じの会話をしているのを聞いた事があります」

あなた「…おぉ〜…」

かすみ「さすがしず子、うまい!」

しずく「ふふっ、ありがとうございます」

4 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:36:14.98 ID:W/j8U0ZR.net
あなた「しずくちゃんすごいね、そっくりだったよ…」

しずく「演じる事においては誰かに負ける訳にはいけませんので」エッヘン

かすみ「しず子なら先輩が風邪引いても代役ができそうですね」

あなた「かすみちゃん、それはさすがに言いす………いや、できるかも」

かすみ「突っ込んでくださいよ!冗談ですよ!!」

あなた「いやいや、できるかもしれないよ?」

かすみ「さすがに無理ですよ!しず子も言ってやって!」

しずく「むっ…かすみさん、それは私の演技に何か不満があるという事ですか?」

かすみ「えぇ!?そ、そういう事じゃ…」

しずく「そういう風に聞こえました!」

かすみ「他意はないのにぃ〜!!」

5 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:38:49.76 ID:W/j8U0ZR.net
しずく「いいでしょう!私が1日先輩を演じます!」

あなた「できる!絶対できるよ!」

かすみ「しず子。意地張らないでよ…」

しずく「い、意地張って言ってるわけじゃありません!」

あなた「いいんじゃないかな?歩夢ちゃんと仲良くなるには持ってこいだと思うし」

かすみ「歩夢先輩なら一瞬で見破りますよ!?」

しずく「先輩風の髪型のカツラを持ってきました」

かすみ「早いよ!?」

あなた「被ってみて被ってみて!」

しずく「…はい!どうですか?」

あなた「おぉ…まるで私…!!」

かすみ「雰囲気は似てますけどこれじゃ歩夢先輩は騙せませんって…」

6 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:41:32.51 ID:1UPrK1RJ.net
見てるぞ

7 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:43:12.06 ID:W/j8U0ZR.net
かすみ「大体しず子じゃ歩夢先輩の思い出トークについていけないんじゃ…」

しずく「…それはたしかに…」

あなた「じゃあ私がこの後色々話してあげるよ」

しずく「本当ですか!是非お願いします!」

かすみ「えぇ…」

しずく「燃えてきました…先輩の役、きっちり演じてみせます!!」

あなた「がんばれしずくちゃん!!」

かすみ「上手くいくビジョンが見えない…」

8 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:47:14.37 ID:W/j8U0ZR.net
現在

歩夢「…ん…あれ…ここは…」

しずく「あ、やっと起きた…よかった、大丈夫そうだね」

歩夢「しず、あ、し、あ、え、えっと」

しずく「ふふっ、まだ寝ておいた方が良さそうだね」

歩夢「え?あ、う、うん…」

しずく「…ねぇ歩夢ちゃん」

歩夢「な、なに?」

しずく「…覚えてる?小学校の頃、私ってば急に熱が出て保健室で寝てて…」

歩夢「……あっ、お、覚えてる…私が付きっきりで看病して…」

しずく「ふふっ、やっぱり覚えてた…今の状況、あの頃の逆だね」クスクス

歩夢「…ほ、ほんとにあなたなの?」

しずく「幼馴染みの顔、忘れちゃった?」

歩夢「わ、忘れてないよっ!忘れてないけど…でも…」

しずく「…まだ少し混乱してるんだね。落ち着くまで寝てた方がいいよ、歩夢ちゃん」

歩夢「う、うん…」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

かすみ「なんかいけそうなんですけど!?」

あなた「しずくちゃん…大女優だね…」

9 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:53:13.18 ID:W/j8U0ZR.net
ごめんなさいあまりにも眠くて文字打てないからまた明日立て直します
Twitterに過去作あるんでもしよかったら読んでくださいホントすいませんorz
@sstakoyaki2ch

10 :名無しで叶える物語:2020/01/10(金) 02:53:43.07 ID:Puw5X0Of.net
これは大女優

総レス数 10
7 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★