2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

◇◆◇◆有閑倶楽部を妄想で語ろう45◇◆◇◆

1 :名無し草:2015/10/21(水) 07:31:08.24
ここは一条ゆかり先生の「有閑倶楽部」が好きな人のためのスレッドです。

前スレ
◇◆◇◆有閑倶楽部を妄想で語ろう44◇◆◇◆
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/nanmin/1419409916/

お約束
 ■sage推奨 〜メール欄に半角文字で「sage」と入力〜
 ■妄想意欲に水を差すような発言は控えましょう
*作品への感想は大歓迎です。作家さんたちの原動力になり、スレも華やぎます。

関連サイト、お約束詳細などは>>2-7の辺りにありますので、ご覧ください。
特に初心者さんは熟読のこと!

467 :名無し草:2018/01/23(火) 11:32:09.42
はーい!

東京は大雪だったけど、倶楽部のメンバーはどう過ごしたかな…
可憐が道で滑って“運命の出会い”(○年ぶり△度目)をやってるかもww

468 :名無し草:2018/01/24(水) 22:32:11.31
いるよー
最近はここの書き込みも滅多に無くて寂しい限り
最近嵐さんのところを読み返してたんだけど、作家さんが沢山いた頃って本当に凄かったんだね
賑わいが去ってから入ってきた人間なのでその頃からいた人が羨ましい

469 :名無し草:2018/01/25(木) 01:19:36.51
嵐さんとこの作家さんが戻って来てくれたらいいのに。

470 :名無し草:2018/01/25(木) 20:21:48.58
いない人に期待しても仕方がない
楽しく話してたら誰かが書いてくれるかもしれないよ
もうすぐバレンタイン
プレジデントの生徒もそわそわしてる筈

471 :名無し草:2018/02/11(日) 16:57:32.38
もうすぐバレンタインだよ

472 :名無し草:2018/02/14(水) 13:27:21.26
バレンタイン当日ですね!
プレジデントのバレンタイン、さぞや高級チョコが飛び交っていることでしょう。
「うちのパティシエに作らせましたの」パターンもいるのかな?
可憐は配り歩くタイプで悠理はもらう一方の中、野梨子が普段と何も変わらない一日を過ごしてそうだ。
男子3人は学内でも学外でもた〜くさん貰ってる気がする…

473 :名無し草:2018/02/15(木) 20:52:07.09
清四郎のチョコの中には男子からのも混じってそうだと思いました

474 :名無し草:2018/02/15(木) 21:14:46.84
清四郎は顔に出さないだけでチョコの数は美童以上に気にしてると思います。

475 :名無し草:2018/02/16(金) 01:27:44.63
悠理も沢山もらったでしょうね

476 :名無し草:2018/02/16(金) 22:45:26.07
密かに本命チョコが多そうなのは魅録だと思ってる

477 :名無し草:2018/02/16(金) 23:12:30.02
バレンタインなんて興味ね〜なと言いながら即効で家に帰り
量より質だぜと部屋で一人本命チョコにガッツポーズをする魅録だと思う

478 :名無し草:2018/03/03(土) 23:15:57.12
中身はポンコツだけどwith B見てると魅録と清四郎役にいいんじゃないかと思う時がある。

479 :名無し草:2018/09/03(月) 12:08:27.63
とある投稿サイトで有閑の新作が発表されてて嬉しかった!
最近有閑二次は、どこのサイトさんも休止中だったり活動が鈍りがちだったからね。

といっても野梨子のパパ、ママの馴れ初めだったが。

もしかしたら よその投稿サイトアップの作品についてここで語るのは
マナー違反だったのか?
もしそうなら許してくれ。
新作が読めた嬉しさでついつい。

480 :名無し草:2018/10/04(木) 22:52:13.14
雑誌SPUR11月号、読まれました?

有閑倶楽部のリターンズっていう記事を発見!

https://www.cmoa.jp/title/1101156129/

有閑倶楽部のメンツって今までドラマ化された時のキャストより
外人モデルの方がアリかも。

481 :名無し草:2018/10/10(水) 10:07:01.09
えーモデルさん微妙じゃない?
御大のインタビューは面白かった

482 :名無し草:2018/10/11(木) 15:10:04.49
たしかに!
野梨子は、もっと正統派美人であってほしい
なんかファニーフェイスだったよね。  清四郎にもいえるけどもう少し知性的であってほしい

ただ6人集ったところは ドラマの時より雰囲気はあったかも

483 :sage:2018/10/30(火) 15:13:08.70
したらばに書いてあった弥生美術館見てきた
昔、少し書いてたころを思い出して懐かしかった

484 :名無し草:2018/11/01(木) 00:20:49.60
パクリサイトの人
赤の他人が撮った新聞記事の写真を自分とこに無断転載しちゃダメ

485 :名無し草:2018/11/01(木) 00:40:41.44
>>484
サイトの話ならもういい加減したらば行くか本人に直接言ってれないかな
ルールぐらい守れるよね、はなさんとジンジャーさん

486 :名無し草:2018/11/01(木) 18:11:43.68
まーた無断転載したのか
あれだけ騒ぎになったのに懲りない人だね
お仲間も見て見ぬ振り?

>>483
私はこれから
評判良いみたいだけど楽しかったですか?
もし再燃してたらまたぜひ書いてください

487 :名無し草:2018/11/03(土) 00:31:39.09
美童グランマニエ

488 :483:2018/11/04(日) 03:00:01.81
>>486
楽しかったですよ
私は「こいきな奴ら」とか好きでしたから久しぶりに見て懐かしかったです
書くほうはもう10年以上ブランクがあるので設定だけ考えてみました

ハロウィンの喧騒を見て、自分たちも騒ぎたいと思った面々
早速剣菱邸でハロウィンパーティーを行うのですが、仮装をいいことに
忍び込む泥棒
すぐに見抜いて、しばらく遊び倒す面々
といった妄想はうかぶのですが、一同の仮装が思い浮かばない
清四郎と野梨子が医者と看護師なんてありふれてるし、美童と可憐は
王子様と王女様くらいしか思いつかない
魅録と悠理は一番はじけそうなのに仮装した姿が出てこない
設定助けていただけませんか?

489 :名無し草:2018/11/05(月) 18:06:03.80
>>488
ありがとう!
首都圏住みではないけど滅多に無い機会なので帰省の時に行く予定

ハロウィンの仮装楽しそうですね
清四郎と野梨子はそのまま医者と看護師で読んでみたいです
美童は吸血鬼、可憐はセクシーな警察官、魅録は狼男、悠理は海賊なんていかがでしょうか

490 :483:2018/11/08(木) 11:02:11.95
とりあえずはじめてみます


「さあ、今日はハロウィンだ。思いっきりさわぐぞ」
悠理の叫び声を皮切りに剣菱邸での仮装パ

「それにしてもすごい人ですわね。どこかで見たことのあるような人も
    いらっしゃいますし」
「おじさん、おばさんそれぞれの友人、知人に悠理や魅録の仲間も
    それぞれ知り合いを連れて来ているそうですから」
医者と看護師に扮した野梨子と清四郎が話していると
「こんなに人が多いと、悪い人も入ってきそうね。
    いい男がいたら逮捕しちゃおうかしら」
とミニスカポリス姿の可憐がささやいた。
「大丈夫だよ。オヤジが渋谷よりもこちらが大事だって言い張って
   警備を厳重にしてるそうだから」
「さっきおじさん見たけど、父ちゃんと飲み比べしてたぞ。
    なんか真っ赤な顔してたけど大丈夫か?」
「千秋さんが「ハロウィンはやっぱりニューヨークよ!」って
    出かけてるからヤケ酒だろ。ほっとけばいいよ」
海賊王の悠理と狼男の悠理はあれこれと食べながらしゃべっていた。
「さすがは剣菱のパーティーだね。大使館関係の人が多くて
    挨拶周りがたいへんだよ」
吸血鬼に扮した美童がワイングラスを片手に合流する。

491 :483:2018/11/08(木) 11:05:36.85
3行目、仮装パーティーが始まった  です
そんなに長くならない(できない)予定
5〜6レスくらいだと思います

492 :483:2018/11/08(木) 14:12:32.85
剣菱邸の周囲では漏れ聞こえてくる喧騒に近所の人たちが噂話をしていた
「先ほど入っていった車、前総理の◯◯さんが乗っていたそうよ」
「政財界の大物が勢揃いってこと?」
「あら、タレントやモデルさんが入って行くのも見たわ」
「さすがは剣菱ね。招かれるのもステータスだわ」

「アニキ、聞きましたか?今夜はここで仮装パーティーがあるそうですぜ」
「金持ちの道楽か、金目のものも沢山あるんだろうな」
「仮装なら身元がバレることもないですしね」
「じゃあまず仮装して30分後に集合な」
そして彼らが再び集まったとき、
「なんだ?その格好は!安上がりな仮装しやがって」
「ネットに出てたんすよ。トイレットペーパー巻くだけであなたもミイラだって」
「おれはちゃんとドンキで買ってきたぞ。どうだ、似合うだろ」
「捕まる前から囚人服ってなに考えてるんすか?」
「バカ、これはウォーリーだ。帽子をかぶってメガネをかければ完璧だろ」
「で、どうやってはいります?入り口でサツがチェックしてるみたいですぜ?」
「コソコソせず、堂々としてりゃかえって大丈夫だよ。まあついてきな」
二人は門から入っていった
「止まれ!招待状をみせろ」
門を警備していた警官に止められ、ウォーリーが答える
「オレを知らないのか?お前の上司は誰だ?」
「はっ、国盛捜査一課長であります」
「国盛なんて下っ端じゃなく、松竹梅はいるのか?おれは時宗の甥だぞ」
「失礼しました。どうぞお通りください」
「アニキすげえ人と親戚なんすね。知らなかったです」
「バーカ、ハッタリだよ。アイツらあんなんで警備っていえるのかね」
無事剣菱邸に入れたが、彼らの災難はこれからであった

493 :483:2018/11/08(木) 22:06:22.21
「さて、ヒマだから警備の様子でも見てくるか」
「面白そうだからアタイも一緒に行っていいか?」
「何かあったら僕たちはこの辺にいますから」
魅録と悠理が門の所へ行くと、警備に当たっていた警官が
「何かご用ですか?」
とオドオドしながら尋ねてきた。
参加者の顔ぶれにすっかり怖気づいてしまったようだ。
「オレだよ、魅録。そんなにオドオドしてちゃ警備にならないだろ」
魅録が名乗ると彼らはホッとした表情をうかべた。
「なんだ、魅録さんですか。そういえば先ほどご親戚の方がみえましたよ」
「オレの親戚?そんなヤツ呼んだっけ?」
「だって総監の甥だといってましたから魅録さんの従兄弟になるんですよね」
「オレに従兄弟なんていないぞ。オヤジは一人っ子だし千秋さんの方は従姉妹だけだ」
「えっ!じゃあさっきのヤツらはニセモノ?」
「ねえねえ、ソイツらどんあ格好してた?」
「えっと、片方がトイレットペーパー巻き付けたミイラ男で、もう片方は赤い囚人服
  着てメガネと帽子してました」
「それ囚人服じゃなくて縞シャツだろ、ウォーリーじゃねえか」
魅録が警備の人たちと話している間に悠理は携帯で清四郎に事情を説明した。
「悠理、魅録に代わってください。魅録、話は聞きました。ちょうどそれらしい二人組を
  見つけましたので野梨子と遊んできます。魅録は時宗さんにほんとうに甥がいないか
  確認してください」
清四郎は通話を切ると、野梨子たちに指示を出した。

494 :483:2018/11/08(木) 22:46:00.17
「アニキ、なんかあっちもこっちもキラキラしてるんすけど、どこでなにを頂戴
  するんすか?」
「バカ、大きな声でそんなこと言うな!これから考えるんだよ」
ウォーリーとミイラ男が話していると
「そちらの方、衣装が乱れてますわ。直してさしあげましょうか?」
涼しげな声の看護師に話しかけられた。
「えっ?オレっすか?」
「ええ、せっかくの仮装ですもの。どうせなら本当の包帯を巻いて差し上げますわ」
白衣の天使に声をかけてもらい、感激して泣きそうになるミイラ男。
「では彼の衣装をなおす間、そちらのウォーリーさんはバイタルチェックでも
  しましょうか。顔色が悪いようですし」
とつぜん声をかけられ、先ほどの話を聞かれていたのでは?と不安に思っていたのに
こちらもなぜか検診を受けることになってしまった。
「ふむ、脈拍が早く、血圧が高いですね。何かお悩みですか?」
「い、いや別に(これから何を盗もうか悩んでるなんて言えるかよ)」
「では、軽い精神安定剤を出しておきましょう。落ち着きますよ」
「あ、ありがとうございます。代金は?」
「今日の分は剣菱さんからまとめていただいてますので結構です。次回以降は
  医療機関にかかってください。そのときはこの処方箋を見せてください」
(このクスリは自作の自白剤だし、処方箋はデタラメ書いただけの物ですから)
清四郎たちの横では野梨子がミイラ男に包帯を巻いていた。
「本当にこの上からでよろしいんですの?」
「は、はい。よろしくお願いします。(トイレットペーパーの下はパンイチだし、
  こんなキレイな人に見せられるもんじゃねえ)」
「えっと、ここをこうして、あら、少しキツかったかしら?」
「す、すいません。首はもう少しゆるめてもらえませんか?」
窒息寸前で真っ赤な顔をしながら必死で訴えるミイラ男。
「ゴ、ゴメンなさい。苦しかったですわね」
急いでほどき、ゆったりと巻き直す野梨子。

495 :名無し草:2018/11/09(金) 01:30:22.85
わーい!

本当に、本当に久しぶりのSSのアップ!
ありがとうございます!

うれしすぎる!

496 :483:2018/11/09(金) 11:40:09.83
「さて、そろそろおわりましたか?」
「はい、先生。確認していただけますか?」
「ああ、しっかり巻けてますね。これなら途中でほどけることは
  ないでしょう。では楽しんでください。先ほどの薬は気分が悪くなったら
  のんでください」
「いろいろありがとうございました。じゃあこれで失礼します」
急いで去っていく二人組を見て微笑む清四郎と野梨子。
「なんか悪そうな顔してるじゃない。なにか仕込んだの?」
「仕込んだなんて人聞きの悪いことおっしゃらないで。ただ包帯の下に
  盗聴器と発信機をセットしただけですわ」
「それを仕込んだっていうんでしょうが。虫も殺さないような顔して
  怖いこと」
「あら、可憐だってこの前デートした方に盗聴器付けたと聞きましたけど?」
「あれはアイツが二股かけてるっぽいから証拠を掴もうと思って‥」
「まあ、そうでしたの。それでどうなりましたの?」
「二股どころか四股ろ。おまけに既婚者だったし。魅録に協力してもらって
  慰謝料ふんだくってやったわ。イヤなコト思い出させないでよ」
「ゴメンなさい。そこまでひどかったとは知らなくて」
「まあいいわよ。それよりアイツらこれからどうするの?」
「実はさっき美童に聞いたんですが、今日はみなさんイミテーションを
  付けてきているひとが大半なんだとか」
「そりゃあそうでしょう。正式な社交の場じゃなくて仮装パーティー
  だもの。もっとも一見してわかるような粗悪品じゃなくて、ちゃんと
  クレサンベールとか使ったある意味本物だけどね」
「ですからそれを盗ませてさしあげようかと」
「ふーん、いつにも増して悪そうな顔してるわね。まあ楽しめれば
  かまわないけど」

497 :483:2018/11/09(金) 11:41:27.99
すみません
なんか書き始めたらあれこれ浮かんできて少し長くなるかもしれません

498 :483:2018/11/09(金) 12:45:24.70
誤字訂正
493の悠理のセリフ
ソイツらどんあ格好→どんな格好

496の可憐のセリフ
二股どころか四股ろ→四股よ
です
すみませんでした

499 :483:2018/11/09(金) 15:11:08.28
一方魅録たちは警備の人たちの言ったことの真偽を確かめるため、父親を探していた。
「多分父ちゃんの部屋で飲んでると思う。母ちゃんもこのパーティーが終わったら
  千秋さんのところに行くって言ってたから、二人でヤケ酒飲んでるんじゃないかな?」
「いい年して二人とも嫁さんにベタ惚れだもんな。見てて恥ずかしくなるよ」
「とか言って魅録ちゃんもママが恋しいんじゃないの?」
「バカ言うな。ほら、サッサと案内しろよ」
「赤い顔して怒ったって説得力ないよ。ほら、ここが父ちゃんの部屋だ」
着いたのはまばゆいばかりに輝く黄金の部屋だった。
「すげえ、秀吉の黄金の茶室は四畳半だったけど、ここはどれくらいあるんだ?」
「さあ?小さい頃は兄ちゃんとドッジボールして遊んだけど広さは知らない」
「家の中でドッジボールって‥まあいいや、親父!俺って従兄弟いるのか?」
「なんじゃ、魅録か。ワシは一人っ子だし、千秋ちゃんの兄弟は女の子しか生まれてない
  から、従兄弟なんか存在せんぞ。お前も知っとるじゃろうが」
「いや、なんか親父の甥を名乗るヤツがいたっていうから、確認のため聞いてみただけさ」
「時宗、お前千秋さんにナイショの隠し子がいただか?」
「な、何をいうか、万作。ワシは千秋ちゃん一筋じゃ。そんなこと言うなんてお前こそ
  どこかに隠し子がいるんじゃないのか?」
「アナタ、今の話を詳しく聞かせてくださいな。松竹梅さんもね。今夜千秋に電話する
  用があるから、そのとき彼女にも報告しますので」
「母ちゃん、誤解だ。時宗!自分がやましいからって、ワシまで同類扱いするな」
「ワシだって千秋ちゃんしか知らん。魅録!お前が余計なことをいうから。おい、
  魅録はどこいった」
「魅録くんと悠理ならとっくにいませんよ」
二人は万作と時宗が言い争いを始めるとサッサと逃げ出していた。

500 :483:2018/11/09(金) 15:15:23.32
訂正追加
490の3行目
仮装パ→仮装パーティーが始まった
です

501 :名無し草:2018/11/09(金) 18:00:32.09
>>489です
SS投下ありがとうございます!
清四郎と野梨子が泥棒と遊ぶところ、医者と看護師の仮装が生きていて面白いですね
他のキャラがこの後どのように泥棒に絡んでくるのか楽しみ
長くなるようで嬉しいです

502 :483:2018/11/10(土) 00:30:06.82
「さて、ヤツらの居場所は野梨子がつけた発信機でわかるからっとアソコだ」
魅録はなにやら機械を操作すると剣菱邸の見取図を呼び出し、画面上に
侵入者たちの現在地を表示した。
「ふーん、ヤツら大広間にいるんだ。人ごみに紛れてなにか盗むつもりかもな」
「なあなあ、せっかくだからアイツらの仮装いかしてやらないか?」
「どうするつもりなんだ?」
「まあ見てなって。チョット面白いこと思いついたんだ」
悠理と魅録は大広間に向かうと二人組に声をかけた。
「よし、今度こそホントのウォーリーだよな」
「えっ、なんのことですか?あなたは誰です?」
「アニキ、この人たち知り合いなのか?」
「バカ!こんなとこに知り合いなんかいるわけないだろ」
「えっ?あんたたち族仲間じゃないの?ウォーリーを探せをやるから
  ウォーリーの格好して来いって連絡が回ったんじゃないのか?
  じゃああんたたち誰だよ。あやしいな、警備の人を呼んでくるか」
「い、いや、設定を忘れてただけだよ。オレがホントのウォーリーだ。
  よく見つけたな」
「アニキ〜、一体何の話ししてるんだよ」
「シッ、お前は黙ってうなずいてろ。オレにまかせとけ」
二人がコソコソ話しているのを楽しそうにみている悠理と魅録。
「おい、これからどうするんだよ。面白いことって何だよ」
「まあ見てろって、絶対楽しいから。じゃあ見つかった罰ゲームな。
  会場にいる吸血鬼からカフスを盗ってこい。3カラットのエメラルドだぞ。
  ただしそいつは英語しか話せないからガンバレよ。それとそいつの
  近くにはミニスカポリスがいるからそちらにも注意しろよ。
  じゃあ健闘を祈る」
ウォーリーとミイラ男は急いで吸血鬼を探しに行った。

503 :483:2018/11/10(土) 02:25:49.70
二人が急いで去って行くのを見送り、美童に電話をかける悠理。
「そっちにウォーリーとミイラ男が行くから遊んでやって。
  お前は英語しか話せないことになってるからよろしく。
  あと、お前のカフス盗ろうとするだろうから可憐に現行犯逮捕
  させてやって。アイツちょっと鬱憤たまってるみたいだから」
「了解、じゃあおもいっきり遊んでいいんだね。やった!」
はずんだ声で電話を切った美童は可憐と打ち合わせをする。
「可憐、これからウォーリーとミイラ男が来るよ。
  そいつら、僕のカフスを盗みに来るらしいから、盗った所で
  逮捕してやってくれってさ。魅録の作った手錠持ってるよね」
「あたしに逮捕させてくれるの?悠理が自分で捕まえるんだと
  思ってた」
「なんかローストビーフ食べるので忙しいんだってさ」
「悠理らしいわ。わかった、まかせて」

504 :483:2018/11/10(土) 03:35:02.64
「アニキ、吸血鬼とミニスカポリスってあそこのやたらキラキラしてる
  二人のことっすかね。ところでアニキ、英語喋れるんすか?」
「なんとかなるだろ。3カラットのエメラルドなんて手に入ったら
  当分遊んで暮らせるぜ」
二人は美童に近づいていった。
「ええっと、ハ、ハウ ドゥ ユウ ドゥ? アイム ファイン サンキュー」
“Hi,nice to meet you. You are fine,good, me too.”
「何言ってんだか全くわかんねえ。ユアカフス グッド  見せてくれって
  なんていうんだ?」
“What do you say? I can’t speak Japanese.”
「コレ イイデースネ  ミセテクダサーイ」
「バカ、お前それ日本語だろうが、英語っぽく言えばいいもんじゃないぞ」
“Do you want to look this? OK,here you are.”
「通じた!よし、こっちへ寄越せ」
「窃盗の現行犯で逮捕するわ。おとなしくしなさい」
「げっ、マジか。なんでミニスカポリスが手錠なんか持ってるんだよ」
「バーカ、アンタたち、海賊と狼男にハメられたのよ」

505 :483:2018/11/10(土) 04:02:28.97
美童から二人が逃げたときいた悠理と魅録はいよいよ
自分たちの出番だと張り切った。
「んじゃ悠理、全開でいくぜ。これミイラ男の受信機。
  おれはウォーリーを追うから」
「オッケー、どっちが早く捕まえるか競争な」
庭へと逃げ出した二人を追って飛び出していく。
「見つけた。おおーいミイラ男、そっちは行き止まりだよ」
「そんなこと言われたって、急には止まれないっすよ」
「じゃあ止めてやるよ」
そう叫んで飛び蹴りをくらわす悠理。
ミイラ男は脳震盪を起こして倒れ、包帯でグルグル巻きにされた。
「早いな、悠理。コッチもおとなしくしろって」
魅録はウォーリーに関節技をきめ、手錠を後ろ手にかけ直した。

506 :483:2018/11/10(土) 04:05:28.24
途中が抜けました。こちらが504と505の間に入ります。

可憐に手錠をかけられた二人だったが、隙をついて逃げ出した。
「コラ、待ちなさい」
「待てと言われて待つバカはいないって」
「何悟ったようなこと言ってるのよ、美童。もう見えなくなっちゃった
  じゃない」
「大丈夫だって。魅録特製だろ、ちゃんと発信機内蔵さ。あとは悠理たちに
  任せておけばいいよ」
「それもそうね、美童、そのカクテルおいしい?私も飲もうかしら」
「可憐ならこれよりあちらのピンクのカクテルがお薦めだよ」
「ありがとう、じゃあそちらをいただくわ」

507 :483:2018/11/10(土) 11:30:59.11
「ったく、手錠は後ろ手にかけなきゃ逃げられちまうっての。
 ちゃんと確保してからなら前からかけてもいいけどさ」
「んなこと言ったって、ドラマでも前からかけてるじゃん、
  あれはどうなんだよ」
「犯人役の俳優の顔と手錠を一緒に映すためにだよ。
  後ろ手だと手錠を映したら犯人の背中しか映らないから
  絵面がよくないんだよ」
なるほど、と納得した悠理をよそに清四郎たちを呼ぶ魅録。
「お疲れ様、無事に犯人確保ですか」
「お、お前たちグルだったのか。チクショウ。でもオレたち
  何もしてないし、こんな事していいのかよ」
「あら、往生際の悪いこと言ってるわ。アンタたちが美童の
  カフス盗もうとしたのは事実じゃない。現行犯逮捕は民間人
  でもできるのよ」

508 :483:2018/11/10(土) 11:45:58.38
「そうそう、それに未遂じゃなくて既遂だよ。ほら、彼らのポケットから
  僕のカフスが出てきたもの」
といいつつカフスをウォーリーのポケットから取り出す美童。
「なんでポケットにそれが入ってるんだよ。まだ盗ってなかったぞ。
  それにお前、日本語しゃべれるのかよ!さんざん悩んだのに」
「必死でしたものね。楽しませていただきましたわ」
「ひでえ、天使だと思ったのに。実際は悪魔だったんすね」
「あら、お褒めに預かり光栄ですわ」
誰も褒めてない、とツッコミを入れる良識人はいなかった。
「なあなあ、渋谷に行った連中が何か面白いこと無いかって
  聞いてきたから、コイツら使って鬼ごっこでもさせるか?」
「それはいいですね。無事に逃げ切れたら無罪放免にしてあげましょう」
リアル逃走中が始まる。

509 :483:2018/11/10(土) 14:57:21.47
渋谷のスクランブル交差点でテレビのレポーターが実況中継をしている。
「ハロウィンの仮装をした人たちで大混雑のスクランブル交差点です。
  何かあちらの方で騒ぎがおこっているようです。どうしたんでしょうか」
レポーターのすぐ横を走り抜けていく若者にインタビューする。
「何かあったんですか?」
「今、ツイッターでこれから「逃走中」のロケがここで始まるらしいって
  さかんに拡散してるから見にいくんだ」
この人混みの中でそれは無理だろうと思うが、面白そうなことを無視する
わけにはいかない。
各局は現場の判断で中継を続けることに決めた。
「誰が逃走者でハンターは何人ですか?」
「逃走者はこのウォーリーとミイラ男、ハンターは誰でも参加Okだってさ」
四面楚歌どころではない状況で二人は逃げ切ることができるのだろうか?

510 :483:2018/11/10(土) 22:25:53.33
「おーい、捕まえたぞ」
「いや、オレが捕まえたのが本物だ」
「あっちへ逃げていくのを見たぞ」
あちこちで声が上がり、混乱が広がる。
「だいたい、ウォーリーもミイラ男もありふれた仮装だからいっぱいいる。
  何か本物だっていう目印はないのか?」
喧騒の中、あるリポーターが叫んだ。
「ただ今局の方に入った情報によりますと、本物は首筋に剣菱のマークがある
  そうです」
自分たちが捕まえた相手の首筋を急いで確認する。
「あっ、コイツはサンビシだ」
「こっちはペン剣だ」
「こいつはペンペンだからちがうな」
「本物なんかいるのか?ニセモノばっかりじゃん」
喧騒の中、パンツ姿でプロレス技をかけあう人の姿が画面に映る。
「へえ、コイツら考えたな。仮装を脱いじゃえばわかんねえもんな」
「ただのバカではなかったようですね」
「じゃあこのまま逃がしてやるのか?」
「いえ、彼らには地道に稼ぐ術を教えてあげましょう。
  ちょうど焼芋のシーズンですしね」

511 :483:2018/11/10(土) 22:57:22.71
やっとの思いで渋谷から逃げ出した二人の前に6人が現れた。
「これに懲りたら悪いことしようなんて考えるのはやめたら?」
「お前らみたいに恵まれたヤツらにオレたちの気持ちなんかわかるかよ」
「じゃあ、以前はあなた達のようだった人を紹介するわ」
屋台をひいた男たちが6人の後ろから現れた。
「兄ちゃんたち、この人達に逆らっちゃなんねえ。悪いことは言わねえから
  あんた達も石焼き芋売ったらどうだ?材料も屋台もあるぞ」
「へっ?石焼き芋?なんだそれ」
「オレたち、昔この嬢ちゃんを身代金目当てで誘拐しようとしたんだけど
  その時この人たちの恐ろしさを思い知ったんだ。地道に働くのが一番だ」
「それはわかるけど、なんで石焼き芋?」
「話せば長い事になるし、聞かなければ良かったと思うだろうけど
  それでも聞きたいか?」
「いや、やめとくよ。それで仕事は一から教えてもらえるのか?」
「もちろん、最近芋の収穫が増えすぎてオレたちだけでは捌き切れなかった
  から、売り子が増えるのは大歓迎だ」
「じゃあよろしく頼む。兄ちゃんたちにも世話になったな」
すっかり改心した二人だった。
「これにて一件落着」
「悠理ったら、それは遠山の金さんのセリフでしょ。
  あんたはうっかり八兵衛じゃない」
「うるさいやい!」
夜明けの街に悠理の叫びが響き渡った。


これで終わりです。
ダラダラととりとめもない文を書き連ねました。
感想いただけると嬉しいです。

512 :名無し草:2018/11/11(日) 00:33:36.15
作品アップありがとうございました。

焼き芋屋の3人組、懐かしいですね〜、
今では、だいぶ儲けて屋台から卒業して焼き芋専用トラックを
買ったのかしら。
で、いらなくなった屋台を譲ってあげるとか?
なんて妄想してしまいました。

楽しく読ませてもらいました。

513 :483:2018/11/11(日) 01:33:47.56
ありがとうございます
焼き芋屋のついでにモルダビア出そうかとか、剣菱邸内で五代の出番がないかとかも
考えたのですが、話が広がりすぎるのでやめました
また何かあったら書ければいいな、と思います

514 :名無し草:2018/11/11(日) 22:27:22.42
ふと思い付いた小ネタ

月が綺麗ですね(夏目漱石のアイ ラブ ユー和訳)というセリフに対する反応
清四郎 : これならいいやすいですね 機会があれば使ってみましょうか
魅録 : こんな恥ずかしいセリフ、どんな顔して言えばいいんだ
美童 :  なんでこんなまわりくどい事いうの?愛してるでいいじゃない
野梨子 : ステキですわ こんな事いわれてみたいですわ
悠理 : 月が綺麗だからどうしたんだ?バニラアイスみたいだな
可憐 : 月よりも君の方が綺麗だって言ってくれなきゃ

お目汚し、失礼しました

515 :名無し草:2018/11/12(月) 00:03:36.34
>>514
上手いなあ〜

516 :名無し草:2018/11/13(火) 02:43:01.53
今は携帯があるから6人を別々に動かしやすいね
ただ逆にすれ違いとか連絡がとれずにイライラしたりとかがないと
そういった面白味には欠けるかも

121 KB
新着レスの表示

掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
名前: E-mail (省略可) :

read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★