2ちゃんねる スマホ用 ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

らびあエッチ日記2

1 :らびあ:2012/05/26(土) 23:12:40.63 0.net
2突入です


891 :夢見る名無しさん:2017/04/26(水) 22:49:05.99 ID:YuK6X+F4i
星のかなたからの放送
最初はSETIの電波望遠鏡での受信データだった。ノイズに埋もれてはいたがかすかに
安定した電波切れていた。明らかに変調された人工的な電波らしかった。
研究所ではノイズという見方だったが、一応世界中に注意信号源として告知された。
そのなかでロシアの研究所で追跡が実行された。研究所の属するアカデミー会員が
なぜか強硬に受信しないように言っていたたが、普段から彼と仲の悪い所長が
逆をやったのである。

892 :夢見る名無しさん:2017/04/26(水) 22:54:43.86 ID:YuK6X+F4i
やっぱりノイズだ、と最初は思われたが、信号を分析した所員が、たまたま前職で
GLONASS関係のセクションにいた関係で、その手の信号として解析したみた。
すると、ビデオのフレーム信号らしい成分がすぐに見つかった。
良く調べると、ビデオの解読方法の指示みつけた。なぜかロシアで使われていた
形式で再生は容易であった。音声もあるらしい。ためしに最初の1分を再現し再生してみた。
それをみた全員が「おまえからかってんだろ」という反応だった。
インターナショナルの演奏をバックに、クレムリン前でレーニンが演説しているカラー
映像だったので。

893 :夢見る名無しさん:2017/04/26(水) 23:05:10.63 ID:YuK6X+F4i
当然レーニン廟は無い、横にスターリンでもいるんじゃ、と当然な疑問を持った全員が
詳しく調べてみた。そこにいたのは地球で現在生存しているロシア以外の政治家
の姿だった。演説内容もレーニン生存時代の譲許とはかけ離れていて、20年くらい
前の世界の状況が述べられていた。
しかも「今日とても残念な決定をみなさんにお伝えしなければなりません、
ソビエト共産党が***連合を除名処分になりました。これは***
で」居合わせた全員が凍りついた。横にいた東洋人がアップになり「しかし
希望は決して消えません。」なんでここに写ってんだ?
信号が偽者ではない事は何回も調べて明らかだった。
やばい状況を懸念した一所員が、データの発生源の座標と、解読方法を世界中にばらまいた。
それをまっていたかのように、全員保安局に拘束され、口止めされた。
メールでばら撒いた所員は行方不明になった。

894 :夢見る名無しさん:2017/04/26(水) 23:33:36.75 ID:YuK6X+F4i
なぞのビデオは世界中にばら撒かれた。一番驚いたのはそこに写っていた東洋人の政治家で
かれは、それを夢の中の出来事として覚えていた。その国の当局者が彼の確保に走ったのは言うまでも無いが
彼は学者の知人が多くその筋から危険を知り、確保される前に姿を消した。
その国のあれやこれやで取り引きが成立し、彼は姿を現した。
結局それが、現実に起こった出来事で、エイリアンの通の受信に成功し、メッセージを
受け取った事は明らかになった。
表向きは冗談ビデオとして葬られたが、事実関係を知った政府は、信号の解析を行い、やがて
半分くらいは成功した。そのなかには、量子コンピュータの設計方法、量子もつれ合いの応用。
ガンや多くの病気に有効な治療法などが、現在の人類に利用可能な方式で
書かれていた。驚くべき事である。
これを知ったロシア政府は、ソビエト惑星連合に厳重な抗議を行った。
ロシアが頼んでも開示されたことの無い情報が、垂れ流しになっていたからである。
しかし惑星連合も預かりしらぬことだった。放送は22年前でその数年後レーニンは実際に
死んでいたが、放送した事実は無かった。
逆に、惑星連合の中の親ロ、プーチン支持グループの若者が非公式に送信を
行った事があった。そのときも地球にも届いたが、技術情報はほとんど含まれていなかった。
ロシアではそときの報復ではないかという見方もあり、関係は一事緊張した。
しかし、発信源がはるか彼方のいて座1万光年先の本星と分かりロシアと連合が結束する事態になった。
地球近傍の管轄権を委譲した本星がなぜ地球に干渉するのか意図がどちらにも読めずに終わった。

895 :夢見る名無しさん:2017/05/04(木) 20:46:49.45 ID:1Dh1E6VE6
月着陸のなぞ
アメリカのアームストロング、オルドリン両名が月に降り立ち50年近く立つが
あの後数回行ったきり、ご無沙汰である。
その理由は前にも書いたが、アメリカが使用した技術がエイリアン同士の協定に接触する事になった
からである。
最初はソビエトも鷹揚に構えていたが、先を越されて事情が変化した。
月ロケットの技術はナチス由来の技術がそのまま使われていたが、元々、ソビエトと対立する
エイリアンから提供されたものである。
ソビエト側は、スターリン派の全盛期で、エイリアン本星も積極的には関与する気配が無かった。
そのため、ナチスに一方的にロケット技術がもたらされたのである。
ソビエト側のエイリアンはその頃力を回復したウラーノフの反対で、提供が見合わされていた。
それでもほとんど自力でスプートニクを打ち上げ実績を上げていた。
アメリカの月着陸の前後に、ソビエトが、エイリアン側に更なる技術提供を求めたが
「ソビエトが地球を代表している」という技術供与条件を満たしていないので
見通しは暗かった。そこに月に先を越され、ブレジネフはキレた。
「技術供与が無理なら、アメリカへの供与もおかしいだろう」とソビエト側エイリアンをつっつき
アメリカ側エイリアンにアメリカのナチス由来技術による、地球から離れた宇宙飛行を全面的に
禁止させた。
このときのうらみがつのり、地球のソビエトは、創始者に従わなくなった。
具体的には、市場経済の導入による経済活性化とか、かつてレーニンが着手したプランの
の再開を一切拒絶した。
アメリカでは、そのあと月どころか、宇宙ステーションも作れなくなっていた。

896 :夢見る名無しさん:2017/05/06(土) 17:14:06.23 ID:6itQNC7kz
さて来週火曜日は、ナチスドイツとの戦争勝利記念日です。
ついでに、この日も妄想しておこう。
なぞのビデオには続きがあった。「ロシアのプーチン大統領閣下のご好意により、
わがソビエトの勝利記念日をともに祝う事が出来ました。この事を地球の人々も知る日が
くる事を願ってやみません。」という締めの言葉とともに、なんとプーチン大統領の演説シーンが
空中に現れて、声が響いてきた。ウラーという掛け声も聞こえたが、映像は、エイリアンの兵士が
映し出され、そこがロシアではない事が分かる。
さすがにこの部分を公開することはロシア政府ははばかったが、他の国は知っていたこととはいえ相当
の衝撃だった。
世間にもれた時も、どうせロシアのナショナリストの妄想ビデオと見る向きが多かったが、
本物と悟った人は、エイリアンの強固な出島が100年以上も存在し、排除できない現実に
衝撃を受けた。

897 :夢見る名無しさん:2017/05/06(土) 17:36:40.88 ID:6itQNC7kz
とはいえ、人類は一気に恒星間飛行の時代に入った。必要な最低限の技術は供与され
自らを滅ぼしかねない内容を含んでいたが、バランスを注意深くとったエイリアン同士の
協定と見えない監視により破滅的な事態は回避されていた。
プロキシマケンタウリはエイリアンには魅力は無いが、地球から近いこともあり、最初の標的だった。
ソビエトの16番目の共和国は更に遠く人類が自力で到達できる距離になるには更に
時間を要した。
さらに重要な発見は、アルファケンタウリBcという地球型惑星の発見とそこtに存在した
ダイリチウム鉱石の発見だった。
この惑星は、エイリアンサイドでも接近探査を阻まれるなぞの存在だったが、なぜか
アメリカを中心とする企業体が探査と開発に成功した。
アメリカを指導していたエイリアンは「間違いなく罠だ、手を出すな」と親切にも
助言したが
「人類のことは自分で決める」と自信たっぷりにはねつけた。
最初は全人類の共通資産とか宣伝していたが、利権は、米国系の企業体が独占し
地球の支配者を僭称するまでに増長した。
勿論、罠である。

898 :夢見る名無しさん:2017/05/10(水) 23:06:26.57 ID:7NEQa7bqi
プロキシマケンタウリB(暫定)
ここは地球からは近いが過酷な環境で、とても住めたものではなかった。
であるが、第16共和国への中継基地としては格好の場所であった。
そのため20世紀の初頭から開発が進み、地球人の一時滞在地の他、植民地としても
開発が進んだ。とはいっても防護服無しに外に出られない環境には代わりが無い。
21世紀の終わりになると、美しい自然を持つような宣伝が行われ、こぞって移民が押しかけた。
実際は、惑星連合のワープ可能な恒星船に乗り換えるための一時滞在地であった。
地球人は自力でワープ船を運航する事は許されて居なかったが、エイリアンとの
合作国家連合である、ソビエトは惑星連合は地球から4光年以上離れた場所では
自力で運行する事が出来た。不便だが仕方が無い。
であるが、この事で、ロシアが間に割ってはいることが出来、一定の位置を占める事が
出来た。ロシアを通さなければ、地球からの移民が出来なかった。
移民時代後期には日本、中国などのアジア諸国も移民の窓口になる事が出来るようになった。
22世紀の終わりごろ発生した、アルファケンタウリBBの惑星ロックアウト
が原因で、ダイリチウムの採掘が出来なくなると、地球とアルファケンタウリの
間の連絡も途絶えた。
惑星連合での地球人の人口が激増した、24世紀になると、地球へのワープ船の飛行も
出来るようになった。
ダイリチウムショックの後、地球との音信がほとんど途絶え、僅かに残った
ロシアの代表部からの連絡が通常通信で送られる程度であった。
量子もつれ合い−リアルタイム通信は通信装置がほとんど破壊され、かつ地球に残存した
自称地球連邦(実態は米国)による、惑星連合のワープ船の接近が禁止された玉
地球文明の崩壊も防ぐ手が無かった。
地球連合は惑星連合の対抗勢力のエイリアンを頼ったが、地球の崩壊で興味を無くし
手を引いた。
こうしてようやく米ソ和解の機運が訪れ、第2の雪解け、という時代に入った。

899 :夢見る名無しさん:2017/05/10(水) 23:15:20.39 ID:7NEQa7bqi
雪解けは、地球人が地球近傍星系での主役になる機会になった。
恒星移民は、主として惑星連合が多かったが、地球連合(米国)も
ダイリチウムショックの後、限定的に、ワームホールを使用した
恒星移民を行っており、相当数が遠い星の惑星に移民した。
そこは、惑星連合側エイリアンが、米国側エイリアンに圧力を加え
1000光年以上遠方の星星になった。
1000光年の距離を隔て、米ソ両国はようやく安心して付き合えるようになったのである。

900 :夢見る名無しさん:2017/05/12(金) 22:41:14.69 ID:HDcDMW8XX
ワームホールは実は、20世紀に第16共和国の地球人により実験が行われていて成功していた。
ただし従来型のマグネターという宇宙の恐ろしい場所に引きこまれることがあった。
実用化の時は目的地にゲートを設置して、生きと帰りを確保する必要があった。
おまけに所要エネルギーがゲートの大きさの4乗に比例して増大するため
小型宇宙船を一台送るのがやっとだった。それでも、スターリンの粛清の被害を抑えるのには
大いに役立った。残念な事に、ナチスの侵略が始まったときに地球側のゲートを
スターリンの命令で破壊され、以後は、ナチス、後にアメリカ側のエイリアンの反対で
設置が出来なくなった。
もっと問題になったのは、ワームホール技術の保有を知った、ソビエト側のエイリアンが
地球人に提供されるワープ船の提供を渋った事だった。ワームホールの真の能力は行き先ゲート
無しに実現する事で達成されるが、さすがにそれにはかなりほど遠かった。
ワームホールの技術は地球人の独創的な技術であったが。活動の範囲を押さえる結果になった。
後にワープ船の開発にも成功したが、光速の10倍程度であった。
地球連合の地球脱出に使用されたワームホールは、エイリアンの設置したもので、
行き先とか輸送能力の限定は無かった。ただし、用事がすむとさっさと撤去された。
そのあと
米ソ両陣営の話し合いで地球を中継点にした、ワームホールネットが設置されたが、両陣営
を直結するワームホール設置はそうとう後に時代まで無かった。

901 :夢見る名無しさん:2017/05/13(土) 00:42:51.00 ID:FsjhePYZa
プロキシマケンタウリにワームホールのゲートが設置されたのは、地球崩壊後である。
ダイリチウムの自然エネルギーの影響で、ワームホールの制御が難しく、安全に使える
保障が無かったためである。そのため、プロキシマから安全な距離までワープ船で向かい、
その後一気に目的地まで向かうしかった。
第16共和国までは、プロキシマからワープ航法とワームホールでおよそ1ヶ月くらいの距離であった。
ただし地球から、プロキシマまでは、10年を要した。ワープ船をソ連が自力開発したのは地球崩壊直前の
事で、それまでは、エイリアンから認められた亜光速飛行しか出来なかったからである。
ロシアが第16共和国を惑星連合ソビエトとの共同統治を好評する予定であった年に、地球自体の文明が崩壊し
無意味になってしまった。

902 :夢見る名無しさん:2017/05/14(日) 20:14:37.75 ID:gUUAL57PH
https://www.fastpic.jp/images.php?file=4368780984.jpg
間違い探し

903 :夢見る名無しさん:2017/06/21(水) 23:25:16.14 ID:1Jpa+qOsW
いい加減メモ帳です。
ワープ船が登場しても、10光年を1年かけて飛行する事しか出来ない。
一方ワームホールゲートは、2つ組で無いと使えない。すなわち、ワープ船
で到達したところにしか行けないのである。
輸送量はワームホールゲートが抜群に大きい。
地球が文明の中心的存在であった頃は、ワープ船は存在しなかった。
ワームホールゲートは、ソ連の第16共和国のロシア人が発明したが、地球に
ホスト側ゲートが設置されることは無かった。
地球人がそうしたくても、周りのエイリアンが許さなかったのである。
しかもソ連側のエイリアンがワームホールゲート技術の保有を許可するのと
引き換えに、ワープ船の開発と保有を禁止してしまった。
このため、地球から4光年の範囲の空間で、地球人はワープ飛行がしばらく
出来なくなった。
それでもワームホールゲート技術の保有は劇的な効果があった。

904 :夢見る名無しさん:2017/07/04(火) 22:05:31.89 ID:dy4al9wAg
スターリン逮捕
ウラーノフが本当に死んだ数年後の事だった。
米ソ共同の調査船「エンタープライズ」がトラピスト1という目立たない星を
訪れたときだった。
ソ連側の科学士官(昔の政治将校)がトラピスト1に昔から住んでいた地球人に
なにか得体の知れないものを感じ興味を持った。
その地球人はソ連将校との接触をあからさまに避けていた。
歓迎式典で米ソの国歌が演奏されたときだった。その地球人の反応にソ連の将校は
ピンときた。バルカン系ソ連人の彼は、ある程度人間の感情を直接読み取る事が出来た。
「キャプテンのあの老人は手配中の政治犯の可能性がある」と調査船のキャプテンの
アメリカ人に伝えた。
「どのクラスの政治犯だ?」と聞き返した。「クラスA、20世紀にレーニンが逮捕命令を
出している、ヨシフ=スターリンだ。」とバルカン人は冷静に答えた。
「なにーい」キャプテンは思わず手に持っていたグラスを振り、中身をぶちまけてしまった。
「悪い事に、ロシア連邦政府と対立する懸念がある。」
とつづけた。
かれは地球人に近づき直接「あなたはヨシフ=スターリンですね。バルカン党
より逮捕命令が出ています。っこはバルカン連邦の条約国なのでわれわれは
あなたを逮捕します。」
とスターリンはかすかにわらって「ようやく見つけたね。」としゃがれ声で
答えた。

905 :夢見る名無しさん:2017/07/04(火) 22:14:17.46 ID:dy4al9wAg
結局スターリンは余計な事を一切言わないという誓約の元に
ロシア連邦に投降し、英雄として遇された。
スターリンによりロシアから宇宙の果てに島流しになったロシア人の子孫が多い
惑星連邦の地球人には憤懣やるせないところである。
のちにロシア連邦をソ連に統合する切っ掛けにもなった事件である。
23世紀の事だった。

906 :夢見る名無しさん:2017/07/04(火) 22:21:38.64 ID:dy4al9wAg
国歌、こちらのソ連は元々インナーナショナルを国歌にしていた。
21世紀にロシア連邦との条約締結を期に、歌詞だけ変更して20世紀後半の
地球のソ連の国歌に戻した。ついで、国旗も引き継いだ。
歌詞は「すべてのヒューマノイドの」という歌詞が多用されるエイリアン国歌
である。

907 :夢見る名無しさん:2017/07/17(月) 15:50:58.84 ID:BNkXBc4uw
アポロ計画の中断について妄想してみる
ずっと前のほうでスターリンの逮捕命令につながった、ソビエト宇宙関東軍の
地球制服計画について述べた。その時に月の基地が秘密裏に設営されたことに触れた。
月の表側の基地は明確なエイリアン同志の協定違反なので、一応閉鎖された。
ところがその存在をアメリカが察知し、秘密裏に偵察行うをことになった。
アポロ飛行士が基地に突入し、そこに見たものは、スターリンの肖像画だった。
エイリアンの構造物という程度予備知識があったが、まさかである。
送り出したほうもいけないものを見てしまったようである。
事実なら、アメリカは完全におちょくられたことになり、国家の面目丸つぶれである。
これを知ったブレジネフは完全に切れた。ICBMをぶち込んでやる、と思ったが
閉鎖状態とはいえソ連の施設であり、無断侵入は戦闘行為である。
やむなくエイリアン同士が仲介に立ち、取引が行われた。アメリカは地球軌道
から離れた有人飛行は半世紀行わない、エイリアンのコントロール下でのみ
地球外の有人飛行を行う、などである。これは事実上お表舞台での宇宙競争の
完全敗北を意味する。幸いなことに、公表はされなかった。
元々エイリアンが建国したソ連は表向き宇宙計画は世論対策のみであり、月一番乗り月
など意味はなかった。なので表向きどころ裏側でもアメリカの行動を制限することに成功した。
事実上の大勝利である。

908 :夢見る名無しさん:2017/07/17(月) 16:22:14.07 ID:BNkXBc4uw
うんでアメリカはどの程度スターリンの地球制服計画を知っていたのであろうか?
宇宙関東軍の存在は知っては居たが、ソ連軍の一部だったということまでは知らなかった
ようである。
ソ連が得体の知れない存在の橋頭保だったわかると余計ヒステリックになった。
困ったのはソ連指導部で、エイリアンの仲間だろと言われても、地球外の部分は
スターリン失脚後すべてウラーノフの指揮下にあり、しかもエイリアンの協定で
エイリアンが混じってないと、高度なハイテクは自由にならないのである。
この隙にウラーノフは太陽系外での指導権の拡大につとめ、地球人とソ連側エイリアンの
居住惑星の結集に成功していた。
事実上ソ連は太陽系外に移動したようなものである。
まただんだん地球のロシアの路線逸脱が問題化していた。それに太陽系外の事まで口を突っ込み
うざい存在になっていた。
ロシアが口を突っ込めるのは第16共和国についてであるが、そこは事実上ソ連発祥の地であり
惑星ソ連邦の中心的存在である。
ゴルバチョフが登場し大幅路線逸脱を始めるとついに地球部分除名処分のという強硬手段に出た。
この後地球上ではソ連は崩壊しアメリカが、偽りの勝利を得た

909 :夢見る名無しさん:2017/07/17(月) 23:45:20.96 ID:BNkXBc4uw
Try delusions about the interruption of the Apollo project
Long ago I led to arrest order of Stalin, the Soviet Universe Kwantung Army
I mentioned the Earth uniform program. At that time I mentioned that the base of the moon was secretly built.
The base on the front side of the moon was closed because it was a clear violation of the agreement between the aliens.
However, America was aware of its existence, and it was decided to do reconnaissance secretly.
Astronaut Apollo rushed into the base, and what I saw there was Stalin's portrait.
There was preliminary knowledge about the structure of an alien, but it is nothing.
It seems that I have seen what I should not send out.
In fact, the United States has been totally refreshed, the face of the nation is rounded.
Brezhnev who knew this was completely out. I thought that I would put ICBM in it
Although it is a closed state, it is a facility of the Soviet Union, and intrusion without permission is a battle action.
Unfortunately the aliens broke up and trading was done. America is an earth orbit
Manned flight away from a half century not done under alien control only
To do manned flight extraterrestrial, etc. This is effectively a space competition on the front stage
It means complete defeat. Fortunately, it was not made public.
Originally the Soviet Union that the alien founded is face-up Space plan is only public opinion measure, the moon first moon
There was no meaning. So I succeeded in restricting American behavior on the reverse side.
It is a de facto victory.

910 :夢見る名無しさん:2017/07/17(月) 23:47:26.31 ID:BNkXBc4uw
Well, how much did America know about Stalin's plan for earth uniforms?
I knew the existence of Space Kanto Army, but I did not know that it was part of the Soviet army
It seems.
It became extra hysteric as I understood that the Soviet Union was a bridgehead preservation of unknown existence.
The trouble was the leadership of the Soviet Union, even if it is said that they are aliens' companions, the extraterrestrial part
After Stalin's defeat All under the command of Uranov, and in the agreement of aliens
If aliens are not mixed, advanced high-tech will not be free.
In this gap Urranov worked to expand the leadership rights outside the solar system, and the alien of the Soviet Union and the aliens of the Soviet Union
Successfully mobilized the resident planet.
In effect the Soviet Union is like moving outside the solar system.
In addition, deviation of the Earth's Russian route gradually became problematic. Also thrust the mouth until things outside the solar system
It was unfortunately present.
It is about the 16th Republic that Russia can thrust into the mouth, but it is virtually the origin of the Soviet Union
It is the central presence of the Soviet Union of the planet.
Finally when Gorbachev appeared and began to deviate greatly, I came up with a hard way to eliminate the Earth part.
After this the Soviet Union collapsed on the earth and the United States got a false victory

911 :夢見る名無しさん:2017/08/12(土) 21:37:05.78 ID:uEFq9yt8m
グーグル翻訳があってるのかどうか疑問ですが、英語にするともっともらしく見えるのが面白い。
ロシアは今年革命100年で、ソ連は法的に存続している、という珍説がいっぱい
出ています。
当然珍説ですが、クリミヤ問題や、東ウクライナ問題を解決するには「ソ連存続」
とプーチンがのたまい、ソ連大統領になれば解決なのか?

912 :夢見る名無しさん:2017/10/01(日) 21:17:51.15 ID:j1rqgrN0O
久しぶりに出だしから書き直してみる。
数日前から射手座の銀河中心部からわずかに外れた星域からノイズに紛れて
人工的な電波の気配がある信号が届いていた。
電波の特徴はGPS衛星に似ていたので間違いかと思われた。
一応受信電波のファイルは世界中の研究者アマチュア研究家に届けられた。
その中にコンピュータオタクが結構混じっていた。
彼は、その信号の形式がGPSに似ていたので、他の研究者と同じく、既存の
GPSの解読法をためしてみた。
でもどのコードでも、あらゆるコードも引っかからなかった。
偶然ネットで「ソ連邦国歌」を流してきていた時である、かれはピンときた。
多項式に「1917」とか当てはめてみた。工夫は必要だったが
すぐにビデオ信号らしいパターンが見つかった。
早速はデータの配信元に連絡を取った。
アメリカの研究所でも最初は冗談かと思ったが、非公開の受信データを当てはめてみると
確かにビデオデータが得られた。
「できたから試写会しましょう」ということで。偶然訪問していた、ロシア
の研究者も同席して、試写会が催された。
流れてきたのは「インターナショナル」という音楽で、知っている人も
数人居た。背景には特徴のあるマークと3つの水玉の旗が映っていた。
「はあ〜」を挙げたのは、日本人の研究者だった。
そのあと、パレスチナ人らしい頭の禿げた政治家らしい人が映り演説を
始めた。体を動かしジェスチャーも年の割には大きかった。
言語はロシア語らしい。ロシア人研究者がすぐに通訳した。
「希望は決して消えません。地球のソ連邦はもはや存続できませんが、発祥の地
である、ここノボガイアをはじめとして10の惑星が新たにソ連邦に参加を決ました。
地球においても、日本の同志をはじめとする人たちが私の始めた革命の意義を
正しく継承し。。。」

913 :夢見る名無しさん:2017/10/01(日) 21:22:11.91 ID:j1rqgrN0O
黙って聞いていた人たちも「マジ?」とかざわつき始めた・
「本当にそう言っています。」
カメラが引いて演説場所が屋外で、モスクワっぽい場所だったのでさらに
ざわついた。でもレーニン廟はなく、国旗はあの奇妙な旗だった。
それに続いて、様々な明らかに軍用らしいUFO数機映り終わった。
「ロシアのSF映画じゃないのか」という質問があったが
「なんでロシア政府が日本の左翼をたたえるの?」とごく当然の声が
日本人から上がるとアメリカ人にとっての最悪のケースが急浮上した。
ロシア人にとってもあまりうれしくない事態だった。
「ロシアも衝撃が大きすぎる」
公開はとりあえず様子見だったが、データはすでに世界中にばらまかれていた。
解読法は非公開だったが、ネットでは解読キーがすでに駆け巡っていた。
中身が宣伝ビデオではなく、技術情報、天文学的データの宝庫だったが
こちらの方は一部解読がなされただけであった。

914 :夢見る名無しさん:2017/10/01(日) 21:34:26.61 ID:j1rqgrN0O
ロシア政府も、アメリカ政府も公式には完全否定し、電波を受けた研究所は
軍が接収し、諸スタック氏を含む多数の研究者が一時拘束された。
ロシア政府は当然のことビデオが何のことか完全に理解していた。
すぐにノボガイアの大使をクレムリンに呼びつけプーチンじきじきに
厳重抗議を行った。
呼びつけられた大使も何も情報がなく、なぜ20年前の革命記念日のビデオが
地球に放送されたのか不可解だった。
「レーニンはご存知の通り、本当になくなっています。間違いありません」
結局射手座1万光年の位置にある、本星が流したものだった。
なぜ地球の政治と科学技術をかく乱するのか、ノボガイアの人たちも意図を
図りかねた。

915 :夢見る名無しさん:2017/10/30(月) 07:09:49.80 ID:Hou9n1IJ1
https://www.fastpic.jp/images.php?file=8941538686.jpg

916 :夢見る名無しさん:2017/10/31(火) 23:25:34.81 ID:YYgvcSFsd
I will rewrite from the beginning after a long time.
A few days ago from the star region slightly deviated from the galaxy center of Sagittarius
Signals with signs of artificial radio waves arrived.
The characteristics of radio waves were similar to GPS satellites, so it seemed to be a mistake.
Once received the radio wave file was delivered to researcher amateur researchers around the world.
Computer geeks were pretty well in it.
As the form of the signal was similar to the GPS, he, like other researchers,
I tried to interpret the GPS decoding method.
But no code caught any code.
It was when he accidentally was sinking the "Soviet national anthem" on the net, he came.
I applied "1917" to the polynomial. I needed some ingenuity
A pattern that seemed like a video signal was immediately found.
I immediately contacted the data distributor.
I thought at the laboratory in the US that it was a joke for the first time, but when I applied non-public received data
Certainly video data was obtained.
By saying "I made it because I was able to do it." I was casually visiting, Russia
A researcher attended, and a preview was held.
It's music that is flowing "International", people who know
There were several people. In the background there was a distinctive mark and three flags of polka dots.
It was a Japanese researcher who cited "Ha ~."
After that, a person who seemed to be a Palestinian-like bald politician reflected a speech
I started. I moved my body and gestures were great for my age.
The language seems to be Russian. Russian researchers interpreted quickly.
"Hope will never disappear, the Soviet Union of the Earth can no longer survive, but the birthplace
Ten planets, including Novogaia here, decided to join the Soviet Union newly.
On the Earth, the significance of the revolution that I started was the same as those of Japanese comrades
Inherit correctly. . . "

917 :夢見る名無しさん:2017/10/31(火) 23:30:28.32 ID:YYgvcSFsd
People who listened silently also began to "rough"?
"That's what I say so."
As the camera pulled and the speech place was outdoors, it was a place like Moscow
I got frustrated. But there was no Temple of Lenin, the flag was that strange flag.
Following that, a number of apparently military-like UFOs were finished.
Although there was a question "Is not it Russian SF movie?"
"Why does the Russian government fight Japan's left wing?"
The worst case for Americans rose sharply from the Japanese.
It was not too happy for Russians.
"Russia is too shocking"
Publishing was pretty good for the time being, but the data has already been spread all over the world.
Although the decryption method was private, the decryption key was already running around on the net.
Content was not a propaganda video but a treasure trove of technical information and astronomical data
This one was only partially decrypted.

918 :夢見る名無しさん:2017/12/15(金) 00:58:28.64 ID:gtaF6sqSd
第16共和国の場所、誕生の経緯まだ考えてない(笑)どうしても知りたい向きは
「古代宇宙人説」でも見るとよい。大体そんなもん。

919 :夢見る名無しさん:2018/01/03(水) 11:47:37.93 ID:4Iimr+rRs
送信データは
200bpsで512bit のサブコードで変調されている。
10時間を一区切りにしていた。
だが、高感度の電波望遠鏡で見るとサブコードが
さらに変調されていてこれに高度技術情報が重層されていた。
こちらの解読キーはしばらく謎だったが、プーチンの猛抗議に負けたノボガイア政府が協力で判明した。
無害な部分のみだった。
残りの危険情報はロシアが偶然解読に
成功した。スターリンの日記から発見されたのだが、これは情報ソースがノボガイアではない事を意味していた。

920 :夢見る名無しさん:2018/01/03(水) 12:06:41.17 ID:4Iimr+rRs
危険な高度な情報は送信コードに含まれる解読装置作成アルゴリズム解読して
512bitのサブコードの変調を解読して数Gの情報を取り出す必要がある。
サブコードのbitは高精度な電波望遠鏡で変調を解読できたが、その上の高度な変調は
解読装置なしには抜き取れない。
ノボガイア側は高度情報の詳細を確認したうえで、米ロ中の解読装置組み立て
と解読を黙認した。ロシアに対しては今後の協力を確約させたうえで、情報に含まれる部分の
技術の協力を行った。
ノボガイア側は、ワームホール利用技術の方の依存が大きいので、そこに含まれる
準光速技術に遅れる部分もあった。
旧ソ連でのワームホール開発に伴い、準光速技術は提供されなくなった事情もあった。
せいぜい秒速30000Km程度でとどまっていた、それ以上の準光速は量子物理的な課題があり
未解明の部分である。

921 :夢見る名無しさん:2018/01/21(日) 23:11:54.33 ID:peSvAIx0q
復習すると、ソ連がワームホールゲートを置いている地球から一番近い所は
プロキシマケンタウリで、地球からは光速の1/3程度の亜光速船で12,3年かかる。
ノボガイア(G667)とプロキシマはワームホールゲートで一瞬の距離。
ソ連が地球上にワームホールをかつて設置していたが、第2次大戦時ナチスによる技術略奪
を恐れたノボガイア側が、スターリンに撤去させた。
その後ノボガイア側と対立関係のエイリアンにより、ワームホールを地球から100天文単位
以内に設置しない協定を結ぶ羽目になりこういう事態が続いた。

ただし地球に来る分にはワームホールゲートを設置す必要はない。
ほぼ一方通行で、地球人ではないソ連人は、地球に来るのはほぼ片道切符であった。

922 :夢見る名無しさん:2018/01/21(日) 23:30:36.51 ID:peSvAIx0q
ワームホールゲートには巨大な磁場が必要だったので、太陽クラスの磁場生成が必要になる
かつては太陽を利用してゲートを動かしていたが、それも太陽のごく近くにゲートの起動装置を
置く必要があった。
木星クラスの惑星の磁場もある程度使えるがそれくらいだと通信程度しか役に立たない。
人工的なゲート起動装置も開発されていたが、巨大なエネルギー源が必要になる。
さすがにそういう装置の設置はエイリアン同士の協定で地球近傍2光年以内にはおかない
ことになっていた。下手したら太陽ごと吹き飛んでしまうようなものである。
幸いなことにソ連もそこまで行くのは相当時間かかるのである。

923 :夢見る名無しさん:2018/02/04(日) 00:29:29.84 ID:+r0+ZGjYZ
地球が回っている太陽から一番近い恒星はアルファケンタウリであるが、ここは中継地点で、この
星系のどの惑星も居住に適さない。一つを除いて。ここはなぜか、なぜかこの惑星は
代リチウムとして知られる、巨大なエネルギーを生む鉱石が存在した。この星系をシマにする
ソ連が放置していた。そこでアメリカが独占して採掘したが、考えてみれば妙な藩士である。
一応ソ連とロシアがプロキシマで行っていることを知らないふりをすることで
話がついている事になっていた。
その惑星はソ連の後ろ盾のエイリアン勢力の傍系の存在が支配していた。であるが物質的実体を
持たない存在で、幽霊みたいなものである。
ソ連はなんとか彼らとコンタクトをとり、同盟に成功していた。。
一時的にアメリカに採掘させたが、永続的なものではない。再び人類が締め出されるおのは見え見えである。
親米派のエイリアンが「罠」と警告したが受け付けなかった。
そしてロシアは「手を付けなかった。
ロシア、中国はソ連の協力で別の惑星系の開拓とブラックホール利用のエネルギー減の
技術の方に移行していた。
地球にとどまる限り危険なエネルギー原であるが何光年も彼方に領土を広げる清濁には
うってつけであった。
かくしてアメリカは地球、太陽系の覇権確保を選択し、ロシアはソ連に続く道をとった。

924 :夢見る名無しさん:2018/03/14(水) 21:50:11.69 ID:eq3uULEI4
出だしの書き直し

セルゲイはロシア系であるが、アメリカの公的研究所の主任教授を務めていた。
政治的にはまったくのアメリカンであるが、ロシア語が出来たのでロシア人とも付き合いが深い。
とある日、研究所の地球外探査部門の研究者から妙なビデオを持ち込まれた。
「変なんだ、アラブ人がロシア語で演説しているビデオだけど、これは、我々が
受信した宇宙からの信号を解析したとかいうものだ。ロシアの衛星の信号の混信もありうるが
ロシア語が分かる君にちょっと聞いてほしい。」なんだそれとセルゲイは訝ったが
ビデオのアラブ人とその演説を聞いてびっくりした。「この人はアラブ人
じゃなくレーニンだっよ。ロシアの絵ではヨーロッパ風に描くけど。実際は
中東系のロシア人だ。」それを聞いた研究者(アレックスという)はがっくりした。
じゃあ、昔のビデオから作ったフェイクか。とかれ言った。
「そうとも言えない、ソビエト共産党は地球部分は除名されわがソ連邦も地球部分を
失った。であるが、同時に10の惑星と4つの諸人類が新規加入して、銀河の
一部に確固たる地位を築くに至った。そして**中央は地球を囲む領域の管轄権を
我々に任せるという決定を行った。ですが地球人がソ連邦に復帰を強制してはいけません。
日本やそのたの人民。。。」「それ以上はいいです。まじめに言ってるのか?」
「残念だけどその通り、フェイクやSFでないとするととんでもないことを
言っているように見える」セルゲイは表情を変えずにうろたえている研究者にそう答えた。

925 :夢見る名無しさん:2018/03/14(水) 22:11:05.74 ID:eq3uULEI4
それ以外の通信もあり、ビデオ信号と変調されたデータが続いていた。
「信号はまだ出ているのか?」セルゲイは相変わらず冷静にアレックスに聞いた。
アレックスは星図の射手座を示して、「ここから断続的に来ている、ノイズレベル以下だったから
見過ごすところだった。発見はほんの偶然っだった。ついているね。」
でも顔はうれしくなさそう。
「カールセガンのコンタクトそのまんまだね、ビデオうち刺激の少ない部分をあっちに送ってみよう
この信号はほかの国でも追跡しているの?」「ああ日本の天文台で観測している」
「その日本人怪しいな」と冗談を言ったが「日本にもデータは保管に十分注意しろと言っといてくれ」
その数時間後あのビデオの鑑賞会となった。演説はおしまいのところだけ「地球人にソ連への復帰を強制してはけっしてしません。
日本やその他人民の我々の意図を正しく理解して、、、ウラ!」
クローズアップの兵士が爬虫類が混じっていたので見た人はSFとしか思わなかった。
「本当にロシアの通信衛星の混信じゃないんですか?」と当然の質問が出た。
地球上のほかの場所でも確認できました。信号はデータもかなり含まれています。」
という話を聞いた参加者は「レーガンの国連演説のエイリアンは
やっぱりソ連だったのか。」とう声が聞こえた。実際真実に近かった・

926 :夢見る名無しさん:2018/03/14(水) 22:17:55.89 ID:eq3uULEI4
送信データの一部が解読されると、冗談では済まなくなった。
研究所の関係者はNSAに拘束され、電波天文台はすべて軍が接収した。
セルゲイはかなりの期間拘束され尋問を受け、そののち知り合いの上院議員の
働きかけで解放された。
釈放されたセルゲイは「もうなにも言いたくない」とかなり憔悴したすがたで
マスコミに答えた。

927 :夢見る名無しさん:2018/03/25(日) 18:56:53.07 ID:6e2GOWMFN
微妙な違いが、エイリアンの演説ビデオにあった。「ロシアの同志は人類進歩のという
革命の初心を忘れ、ナショナリズムに屈しました。ファッシズムの脅威の下にあったこと
またノボガイアの同志が手を差し伸べられなかったことを考えると同情の余地はあります。
しかしファシズムの脅威が去り、ソビエトが地球の半分の代表となった時そして地球の代表者であらねばならないソビエトの
が、日本の同志のことがを借りると「」となり資格に悖るという事態に至りました。
地球支部除名決定に至りました。ですが。。。」
この部分を聞いた日本出身の研究者が「わたしは党員「ちとうだが(知っての通り)
米国では一切政治活動をしていない、がこれはどうみても我々の事を正確にしてしている
なんでエイリアンが不破さんの本の文章を知っているか。とても不思議だ」
と発言した。「フェイクビデオとしか言えない、とすれば作者は特定可能かな。」
とセルゲイは日本人に尋ねた。「一応心当たりがあるが、こういう大仕掛けのフェイクができるとは
思えない、ユーチューブでも見たことがない」セルゲイは一層顔を曇らせて
「もし本物ならごまかしきれないだろう。技術情報もあるはずだし、どう考えていいんだろう?」

928 :夢見る名無しさん:2018/03/25(日) 19:11:56.40 ID:6e2GOWMFN
その後の混乱は書いてきたとおりである。演説内容はロシアの同志にとっても
不名誉であったので、沈黙を保った。これはプーチンにとってはありがたい事だった。
早速ノボガイア公使をクレムリンに呼びつけはげしく非難した。」
公使は(表向きはロシアのハイテク企業代表)、「ご存知の通りレーニンは本当に
なくなっています。この演説は私も記憶してますが、地球に公開した事実は絶対
ありません。」結局プーチンは「ノボガイアのロシア共和国ロシア連邦のお帰属を
認めてほしい」と切り出した。このロシア共和国はあのエイリアン演説があった
場所を含む地域でロシア人が相当数居住していた。その後外交交渉で妥協が成立し
ノボガイアからロシアへの軍事を含む技術提供と基地使用、プロキシマーノボガイア間の
ワームホールゲート使用権、プロキシマー地球間の輸送協力などかつての
地球のソ連でさえ実現できなかった項目をあっさり実現してしまった。

929 :夢見る名無しさん:2018/03/25(日) 19:45:08.75 ID:6e2GOWMFN
演説ビデオの説明もくたびれるので話をもとに戻す。
ノボガイアでのワームホールによる第2地球捜索で一番地球に似ていて、月まで
あったのは、はるか200億光年のかなたの星雲の中だった。
あまりそっくり環境でしかも人類は居住せず、現住生物も基本的に無害と分かり
開発が進んだ。
あまりにも遠方であるので、ワームホール以外の手段では到達不可能であるし、
ワームホールでも到達目標のマーカーがないと近くにも到達できなというとても都合の
よい所だった。
2番目は我々の宇宙とは別の並行宇宙で、しかもワームホール設置は、地球では極めて容易である
事が分かった。
各種物理常数が微妙に異なるが問題のない範囲なのがよかった。
地球から到達用意という点がよかったが、残念なことに原住民が居た。
しかも人類そっくりで、立派な並行世界だった。
おまけに技術力は地球同士では向こうが上回り、侵攻などとんでもない。
であるが経費は、はるかに安いので各国が競って調査に乗り出した。
探査に必要な技術は、恒星間を渡るのに比べればはるかにたやすい。

930 :夢見る名無しさん:2018/03/25(日) 21:25:38.18 ID:6e2GOWMFN
しかもこの世界は2重星系で赤色矮星が連星としてめぐっていた。ワームホールゲート
の中継ポイントとして価値が高いので、現地のソビエトと同盟を結んで中継ポイントを設置した。
中継ポイントといっても第2地球は通過せず、直接赤色矮星に設置した。
なので第2地球の政情はあまり関心がなかった。
中継ポイント運営に必要なのは現地ソ連の安定だけで、これにはほとんど問題がなかった。

931 :夢見る名無しさん:2018/03/29(木) 22:44:01.32 ID:8qMvv9dM0
2つの異なる並行世界では、真空のエネルギーが異なるので困った問題があった。
つないだワームホールの影響でワームホール周囲が不安定になり、放置しておくと
ガンマー線を放出して一気に崩壊する。
このため放置しておいても第2世界が侵攻される心配はなかった。
であるが、ソ連同士はエンタングルメントで自由に通信できたので中継ポイント
の設置もスムーズに行った。
相手側も先進技術を入手できたのでありがたみがあった。
中継ポイントは2世界接続を行うのではなく、相手側の世界のワームホールの
ルーテングを安定化するだけなので、2世界接続の不安定は起こさない。
このため、相手側もワームホールを安全に運用できるのである。
このワームホール接続は秘密裏に運用され、地球ープロキシマ間の人と物資の輸送に
使用された。
表向きはロケットでチンタラ地球からプロキシマに飛行することになっていたが
実はあっという間。
アメリカは当然知ってはいたが、ダイリチウム独占と引き換えに口をつぐんでいた。
ダイリリチウムの地球への輸送には10年かかったが、ロシアの技術協力で安全に低価格に行える
ようになっていた。
強力なレーザを使用するのだが、ロシアーソ連のエンタングルメント応用の遠隔操縦の
恒星間輸送船を安く入手できたのである。
彼らは代リチウムでまず地球を富ませ安定させ、十分軍事力をつけてから
ロシア、中国が開拓している惑星群を資本と、彼ら得意の市民の自由でえ巻き上げるつもりだった。

932 :夢見る名無しさん:2018/06/09(土) 21:43:59.49 ID:/IAwMcavb
いかにして、エイリアンの演説ビデオを本物と見破ったか?
表向きには、あの演説ビデオはSFマニアの日本人共産主義者がでっち上げたフェイク
という扱いで済ませた。アメリカン人はもちろん、ネタバレされたロシア人や
コケにされたロシアの共産主義者など一致して否定することとなた。
あくまでも表向きで、政府筋、軍事産業は本物と知っていた。
日本では、犯人にされた、天文学者がいきりたち、必死に謎を解こうとした。
かれが注目したのは、ビデオで「10以上の惑星が。。」という部分の
裏にあるデジタル信号だった。さほど難しい暗号ではなかったのですぐに
バイナリーの数字い過ぎないことが分かった。かれの専門から、それが射手座近辺の
赤色矮星の座標であることを見抜いた。それを手掛かりに詳しく分析すると
その星をめぐる惑星の軌道のパラメータが精密に記載されていた。
試しに実際の観測データと比較すると見事に一致した。
これをネットで公表したが、一般には「UfOオタクのたわごと」で済ませようとした。
もちろん日本企業も表向きはそういう対応だったが、政府筋やネタにされた野党筋
から「本物かも」と聞かされていたので、データをこっそり相当緻密に検証した。

933 :夢見る名無しさん:2018/06/09(土) 22:01:20.36 ID:/IAwMcavb
得られたのは天文学的情報以外に、技術的な情報がよりどりみどりだった。
日本企業で役に立つことも少なくなく、ダイヤモンドより強力で長距離の敷設が
かのうなワイヤーとか、高効率で空中伝送かのうな電力伝送とか、風力発電の
画期的な方式とか、長寿命、高効率の発光素子とか実用的なものが多かった。
一方深い暗号解読のキーをエリアンからもらえた米ロ、中国は巨大なエネルギー
生成技術、高速粒子の防御技術、準光速かのうな宇宙船など大掛かりなものがあった。
そして、ついにケンタウルス座アルファBBという惑星にダイリチウムがザクザク
でしかも手軽に核融合をはるかに上回るエネルギーを得られることを知った。
「これは罠だ」という親米派エイリアンの忠告を完全に無視して、この星の開発
と資源の収奪にまい進した。
一時期はアメリカは太陽系の覇権を見かけ上独占した。
であるが、アルファケンタウリCA(プロキシマケンタウリB)のソ連軍基地は
当然手出しが出来なかった。存在すら公表できなかった。表向きはロシアの
宇宙基地であったが、実際は、ソ連の各惑星に直行する中継ポイントである。

934 :夢見る名無しさん:2018/06/09(土) 22:10:35.98 ID:/IAwMcavb
エイリアンからの技術情報の提供があり、宇宙関係の技術はかなり進歩し、近隣の
星にどっと雪崩を打って進出したが、エイリアンやソ連の保有するワープ航法や
ワームホールを利用した通信、物流技術はての届くものではなかった。
それでも、アルファケンタウリーb地球間のリアルタイム通信網はかろうじて確保できた。
ロシアがソ連に頼み込んで、設置した量子縺れ合い応用の通信設備である。
米国は、代リチウム覇権を背景にロシア抑え込んでいうことを聞かせていると
思い込んでいた。射手座エイリアンがバックにいるソ連の実力を理解できないでいたからである。
地球上に存在した時代の同国とは全くの別物になっていたが、表面的な類似性
に惑わされていたのである。

935 :夢見る名無しさん:2018/06/10(日) 18:50:38.57 ID:/y+7D6Ex5
アメリカ側の考え方も一理あった。プロキシマケンタウリの中継基地は、エイリアン同士の取り決めで
動かしようもなかった。
バランスが変化したのは、パラレルワールド側に設置した、中継施設が稼働しはじめた頃だった。
パラレルワールド側は冷戦でソ連が勝利し世界統一に成功していて、てを出す
根拠がなかったのである。しかも直接侵攻を図ろうとしても、物理常数の違いから
自爆に終わる。通信手段はあったので、アメリカは反体制派らしきグループをあおる
事くらいしかやることがなかった。
ロシアは向こう側の世界がワームホール技術を入手することと引き換えに中継施設を設置することに
成功した。
おかげでロシアの地上から、どこへでも行けるようになった。
これはアメリカを中心とする多国籍宇宙軍がプロキシマ侵攻を行った直前のことである。
ソ連を最終的に、人類のシマから排除するのが目的だった。
侵攻直後、地球とのリアルタイム通信線が遮断され、恒星間輸送船の地球からのコントロールが
出来なくなった。
プロキシマ派遣軍はそのまま作戦を継続するしかなかったが、ソ連はプロキシマ中継
ステーションを撤収していて、ワームホールデスティネーション施設しか
残って居なかった。
いちおう占領して勝利したと思ったが、そのあと、アルファケンタウリBBの
ダイリチウム鉱山が星の地元エイリアンの反乱で採掘不能になった。
彼らは惑星そのものを閉鎖して、軌道上から消滅した。
輸送途中のダイリチウムはなんんとか地球まで届いたが、さすがに太陽系
の植民地を放棄して撤収するしかなかった。

936 :夢見る名無しさん:2018/06/10(日) 18:51:17.81 ID:/y+7D6Ex5
その後混乱が続き、ロシア国内のワームホール中継基地が公表されたときも
占領するとかいう行動もとるどころではなく、ロシアに頼んで使わせてもらう状態だった。
親米派エイリアンの仲介で、ソ連領域外の恒星系の惑星を紹介され、余剰人口を
吐き出すしかなかった。
そこは地球から1000光年は離れていて、ワームホール以外の手段では到達不能である。
ひと段落が付いたころ、
そのころには地球はあれすさんでいて、そのまま運用するのは危険になった。
そこでエイリアン同士の話し合いで、太陽系で一番遠いある程度の大きさがある第10惑星
に移設することが決まった。
またプロキシマケンタウリBは磁気シールド装置が設置されたり
発生の正確な予想ができるようになったりで、居住可能な状態になっていた。
そこには地球難民の植民地が設置された。
惑星内限定であるが、地球の各国も再建され自治を行っていた。

937 :夢見る名無しさん:2018/06/24(日) 19:58:50.94 ID:UUBh+t+QB
https://www.youtube.com/watch?v=gTDlSORhI-k
他の惑星系に行っても現実には住むにはちょっとという環境がほとんどなのが現実。
実際にエイリアンがいて手助けでもしてくれないと、植民なんて1000年はやい。
じゃあどうするかというと、リンク先のような巨大人工建造物を浮かせて住むしかない。
他の惑星系のいい所は、惑星の地上で住むのは厳しい段階でも、レジャーには使える
点がいい。
これは土星にこういう人工天体を浮かべて住むことを考えるといい。
土星のをめぐる軌道上は、人工天体での居住施設での植民が、太陽系では
比較的可能な場所である。であるが、土星の周りには、息を止めていれば
数分間は裸でOKとかいう場所はない。タイタンはましであるが、寒い。
プロキシマBなら、太陽フレアの予測が完璧に出来るなら、たぶん裸で日光浴はできると思う。
こういうことは結構重要と思う。
地球の周りも良いが、空間には資源がほとんどない。これは致命傷で
現実性なくなる。

938 :夢見る名無しさん:2018/06/24(日) 20:35:50.49 ID:UUBh+t+QB
プロキシマケンタウリBは公転軌道の外側数万キロの地点に軌道の安定点が存在し
しかもプロキシマBの影に居ればプロキシマの巨大フレアもよけられる。
おまけにプロキシマBからケーブルを渡して接続もできる。つまり地上との往復には
ロケットは不要である。
必要なエネルギーは惑星の陰の外側に集光器を設置しておき調達する。
そのほかプロキシマBにはヘリウム3が豊富とも考えられるのでもっと良い。
金属資源は、小惑星からいくらでもゲットできる。

939 :夢見る名無しさん:2018/06/24(日) 20:46:39.23 ID:UUBh+t+QB
地上に住むなら、太陽フレアの正確な予測が欠かせない。難しいのであれば
影の側に住むしかない。
またプロキシマBはあれやこれやで全球凍結している可能性が結構高い。
この場合昼の側のごく一部が凍結を免れるが、水は凍結した側にほとんど氷で
存在する可能性がある。たぶん大気はほとんど窒素で、炭酸ガスが少し。
氷を溶かすにはいろいろ方法があると思うが、その前に太陽フレアをなんとかせねばならない。
これは前に書いたように、プロキシマに近いほうに巨大な磁石をを浮かべて置き
磁場を出す。
相当巨大な電磁石はいるだろうが、実際は塩水とかで代用することになる。
そのなあとテラフォーミングとなる。
それまでの間は限定利用になるが植民はできる。

940 :夢見る名無しさん:2018/06/24(日) 21:03:19.32 ID:UUBh+t+QB
夜の側で海洋状の氷が解ける場所があるはずなのでそのあたりを狙う。もちろん
火山があると思う。
昼夜境界線(プロキシマBは潮汐固定)のあたりに高い部分があるはずなので、そのあたりで
水面が露出している場所があればGOOD。
平均気温は低い、風が結構吹くなどの自然条件があるので、地形は結構選ぶ。
そんなところでも、ヘリウム3の核融合ができるとと思うので全然問題ない。
かまぼこ状の建屋で暖房すれば農業はOK。人の居住部は気密性のある建物でよく、人がいる
部分だけ酸素を供給すればOK。
移動は酸素ボンベを積んだEV4駆でOK。ドローンも風が一定方向ということを考慮すれば
使える。大気圧が地球より大きめと予想されるからである。
でも農業用ビニールハウスや建物、温室以外は真っ暗なところでは気が滅入る。

総レス数 940
375 KB
掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50
read.cgi ver 2014.07.20.01.SC 2014/07/20 D ★